FC2ブログ
時は,過去,現在,未来へとずーと繋がっている。時の変化は,何気なく過ぎ去っていく。時は確実に流れている!
高校時代の知人から,絵画展の案内ハガキを頂いた。市内で,車で行けるので,行って見ることにした。何人かで集って絵を描かれているグループのようだった。
ハガキ
2月19日(金),いつも行っている絵画教室を終え,50号のキャンバスと絵の具セットを車に乗せ,呉市立美術館へ行った。美術館の半分位を2つのグループで借りているようで,こじんまりした絵画展だった。
★第35回『あじさいの会』(水彩画展。出品者は,7名で,全員共通テーマ(ペット)で6号だった。色んな犬の絵が描かれているコーナーがあった。まだ,昼食も済ませていないので,さらと見せて貰った。
知人の作品を少し紹介させて頂く。「殉国の戦艦」
殉国の戦艦
「1927.5.21パリ上空」            「漁に出る」
1927.5.21パリ上空 漁に出る
その他,「ルノアール模写」,「島影にて」など。どの絵も,すごい迫力で油絵で力強く描かれていた。
他の方の作品は,時間がなかったので写真に撮らなかった。絵についての話をしばらくして,次のグループの作品を見に行った。
★第28回『いおり会』(日本画展)「はつ夏の頃』
はつ夏の頃(坪川富美恵)
「湖畔」
湖畔(中土井 滋)
「?」 絵の名前を忘れていて,残念!
みさきや
講師の先生の絵。「惜春」           「陽春」
惜春 陽春(福原匠一)
「さくら」
さくら
久し振りに講師のF先生とお会いして,絵の話を色々聞いて,美術館を後にした。絵を描かれている方からの話は,すごく参考になった。その後,昼食がまだだったので,美術館の向いのCAFEに行って,軽食を食べた。ベーグルと人参のスープだった。
その後,キャンパスと絵の具セットを積んだ車に乗って,帰宅した。
スポンサーサイト




【2021/02/21 22:45】 | 芸術鑑賞
トラックバック(0) |

お気持ちが伝わってきます
kawaii155cm
久しぶりに絵画展に行かれたのですね。
喜んでおられる様子が伝わってきます。
油絵と日本画のタッチがよくわかります。
どちらかも描かれた方のエネルギーを感じますが、油絵はとても力強いものが、そして日本画は柔らかで優しいものが伝わってきます。
『絵を描かれている方からの話は,すごく参考になった。』とありますが、本当にそうですよね。満足感が二倍も三倍も違います。よかったですね。
昨日、広島県の新型コロナウイルス集中対策の終了、要請の解除がなされました。
私は、一番に実家に帰って兄の顔を見たいのですが、福山はまだ自粛しなければならないようです。
兄は「外に出ず、ええ子にしとるでぇ。」と電話口で言います。田植えの頃には下火になってくれるでしょうか。
庭のプランタでいただいたチューリップなどの芽がたくさん出ています。
これが咲くと、賑やかになる!と思いながら水やりをしました。今朝は暖かかったので早く水やりを済ませました。

kawaii155cmさんへ
K.N
v-349 久し振りに,美術館で絵を鑑賞しました。コロナがなかなか収束しないので,未だに広島へは行っていません。昨年の『むさしの会展』も中止でしたが,今年は出来るのではないかと思っています。軍艦を描かれている人は,まだ生まれていない時なので,写真を見て描いたと言われました。細かい軍艦の仕様,さしで測って描いたと言われていました。v-487油絵の具での描き方も,自分の経験から言われていました。インパクトが強い作品でした。日本画展の方は,在職中から,知っている先生で,自分の健康状態・家族について言われていました。桜の花びらの下に,銀箔を貼り付けて,その上に岩絵の具を載せると,花びらが透けたように見えるなど,プロの技も聞かせて貰いました。ゆっくり出来なかったので,再度見に行こうかと思ってましたが・・・。作品の名前も忘れているのもあり,少し残念でした。v-398


sa-sa
作品は少なくても久し振りに、とてもいい芸術鑑賞が出来て良かったですね。「殉国の軍艦」は、さしで測って描かれたということなんですね。細かい部分が多くて、全体のバランスが大事な軍艦を描くには、さもありなん、、と想像します。空や波の感じもいいですね。「湖畔」は、近くの樹木と遠系とのコントラストがとてもいいなぁと思います。「?」は、暖簾に「みさき屋」って書かれてるみたいですけど、揺れてる感じがいいですね。先生のは流石ですね。階段のある作品は、このキャンパスに、これだけ広がりのある景色が気持ちよくしぜんに収まってて凄いですね~。ただ見るだけでなく、お話を聞けたこともいい鑑賞でしたね~。
広島県が、この所ずっとコロナの感染者数が少ないのは、集中対策を講じてられていたからなんですねv-357大阪、京都、兵庫なども緊急事態宣言の解除を要請するといっています。全国的に減っていることは確かですね。そんな中、首都圏は減少傾向にあるとはいえ、少し緩めるとすぐにリバウンドする可能性があると、ある専門家の方は警鐘を鳴らしています。こちらはもう少し気を長く持って待つしかないようです。


sa-saさんへ
K.N
v-401 グループも作品展だから,こじんまりしていましたが,皆さん,素敵な絵を描かれていました。「殉国の戦艦」の方は,私と高校の同級生で,家が看板を描く仕事だったそうで,親の手伝いで看板を描かれていたそうで,キャリアがあるのでお上手でした。先生に習ったことはないそうですが,何度か見に行きましたが,インパクトの強い絵でした。油絵は,見る角度によってすごく印象が変わるので面白いと言われていました。ルノワールの優雅な佇ずまいの少女も描かれていて,違う一面を見せて貰いました。F先生は,日展で特選をとられていて,画歴も長い方です。お嬢さんを知っていて,絵も買わせて貰いました。我が家に飾っている「白いバラと香水の瓶」を描かれています。私は「惜春」の絵の雰囲気が好きです。他にも,何人かの方の沢山の絵が展示されていたのですが,写真を撮る時間が無かったので,残念でした。v-487

何となく 心が 和みました!
yasumama
絵を見る・鑑賞する??普段は わからないなりに 自分で こうなんかな~とか ああなんかな~~とみるだけです。v-390
こうして 写真で見せてくださると 有難いです
最後の「さくら」なんて 心の中に ズンと感じるものありですね。v-398
テレビばっかり 見てると 解雇・雇止めとか 企業面接会などが おこなわれてると…心が 病むって・テレビで 報道しています。

人が こいしいって・・対話が 減っている事もあって・・そうだな~~って 思います。
いっぱいおしゃべりをしといて 何を言うかって 自分でも 思うけど そんな事 思う人は多いのだねって テレビを見ながら 思いました。v-400
新しいテレビにしてから 2~3年前の映画を 見る事ができて みに行ったのに よくわかってなかった??忘れたって 映画 が いかに 多いのか ダ・メ・です~~~v-404
読書が 全然 できません。



yasumamaさんへ
K.N
v-351 美しい絵を見ると,心が和んできます。外国の絵は,一緒に行った人の事や,旅先で出会った人など,思い出しながら見ています。今回は,知った方が描かれた絵で,描かれた人の思いが伝わるようでした。コロナで巣ごもりだったり,色々辛い思いをされている方が沢山いますね。早くワクチン接種が進み,コロナが収束して欲しいですね。親しい人と一緒に自由に楽しい時を過ごしたいですね。v-55新たらしいTVは性能が良くて良いでしょう。我が家のTV,かなり年数が経っていますから,風が吹くと,画像がすごく乱れます。それに,昔の録画など,見れません。読書も良いですが,映画は,臨場感があっていいですね。映画館に行けないので,TVの録画の映画,有難いですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お気持ちが伝わってきます
久しぶりに絵画展に行かれたのですね。
喜んでおられる様子が伝わってきます。
油絵と日本画のタッチがよくわかります。
どちらかも描かれた方のエネルギーを感じますが、油絵はとても力強いものが、そして日本画は柔らかで優しいものが伝わってきます。
『絵を描かれている方からの話は,すごく参考になった。』とありますが、本当にそうですよね。満足感が二倍も三倍も違います。よかったですね。
昨日、広島県の新型コロナウイルス集中対策の終了、要請の解除がなされました。
私は、一番に実家に帰って兄の顔を見たいのですが、福山はまだ自粛しなければならないようです。
兄は「外に出ず、ええ子にしとるでぇ。」と電話口で言います。田植えの頃には下火になってくれるでしょうか。
庭のプランタでいただいたチューリップなどの芽がたくさん出ています。
これが咲くと、賑やかになる!と思いながら水やりをしました。今朝は暖かかったので早く水やりを済ませました。
2021/02/23(Tue) 08:13 | URL  | kawaii155cm #-[ 編集]
kawaii155cmさんへ
v-349 久し振りに,美術館で絵を鑑賞しました。コロナがなかなか収束しないので,未だに広島へは行っていません。昨年の『むさしの会展』も中止でしたが,今年は出来るのではないかと思っています。軍艦を描かれている人は,まだ生まれていない時なので,写真を見て描いたと言われました。細かい軍艦の仕様,さしで測って描いたと言われていました。v-487油絵の具での描き方も,自分の経験から言われていました。インパクトが強い作品でした。日本画展の方は,在職中から,知っている先生で,自分の健康状態・家族について言われていました。桜の花びらの下に,銀箔を貼り付けて,その上に岩絵の具を載せると,花びらが透けたように見えるなど,プロの技も聞かせて貰いました。ゆっくり出来なかったので,再度見に行こうかと思ってましたが・・・。作品の名前も忘れているのもあり,少し残念でした。v-398
2021/02/23(Tue) 09:29 | URL  | K.N #-[ 編集]
作品は少なくても久し振りに、とてもいい芸術鑑賞が出来て良かったですね。「殉国の軍艦」は、さしで測って描かれたということなんですね。細かい部分が多くて、全体のバランスが大事な軍艦を描くには、さもありなん、、と想像します。空や波の感じもいいですね。「湖畔」は、近くの樹木と遠系とのコントラストがとてもいいなぁと思います。「?」は、暖簾に「みさき屋」って書かれてるみたいですけど、揺れてる感じがいいですね。先生のは流石ですね。階段のある作品は、このキャンパスに、これだけ広がりのある景色が気持ちよくしぜんに収まってて凄いですね~。ただ見るだけでなく、お話を聞けたこともいい鑑賞でしたね~。
広島県が、この所ずっとコロナの感染者数が少ないのは、集中対策を講じてられていたからなんですねv-357大阪、京都、兵庫なども緊急事態宣言の解除を要請するといっています。全国的に減っていることは確かですね。そんな中、首都圏は減少傾向にあるとはいえ、少し緩めるとすぐにリバウンドする可能性があると、ある専門家の方は警鐘を鳴らしています。こちらはもう少し気を長く持って待つしかないようです。
2021/02/23(Tue) 16:43 | URL  | sa-sa #-[ 編集]
sa-saさんへ
v-401 グループも作品展だから,こじんまりしていましたが,皆さん,素敵な絵を描かれていました。「殉国の戦艦」の方は,私と高校の同級生で,家が看板を描く仕事だったそうで,親の手伝いで看板を描かれていたそうで,キャリアがあるのでお上手でした。先生に習ったことはないそうですが,何度か見に行きましたが,インパクトの強い絵でした。油絵は,見る角度によってすごく印象が変わるので面白いと言われていました。ルノワールの優雅な佇ずまいの少女も描かれていて,違う一面を見せて貰いました。F先生は,日展で特選をとられていて,画歴も長い方です。お嬢さんを知っていて,絵も買わせて貰いました。我が家に飾っている「白いバラと香水の瓶」を描かれています。私は「惜春」の絵の雰囲気が好きです。他にも,何人かの方の沢山の絵が展示されていたのですが,写真を撮る時間が無かったので,残念でした。v-487
2021/02/23(Tue) 20:43 | URL  | K.N #-[ 編集]
何となく 心が 和みました!
絵を見る・鑑賞する??普段は わからないなりに 自分で こうなんかな~とか ああなんかな~~とみるだけです。v-390
こうして 写真で見せてくださると 有難いです
最後の「さくら」なんて 心の中に ズンと感じるものありですね。v-398
テレビばっかり 見てると 解雇・雇止めとか 企業面接会などが おこなわれてると…心が 病むって・テレビで 報道しています。

人が こいしいって・・対話が 減っている事もあって・・そうだな~~って 思います。
いっぱいおしゃべりをしといて 何を言うかって 自分でも 思うけど そんな事 思う人は多いのだねって テレビを見ながら 思いました。v-400
新しいテレビにしてから 2~3年前の映画を 見る事ができて みに行ったのに よくわかってなかった??忘れたって 映画 が いかに 多いのか ダ・メ・です~~~v-404
読書が 全然 できません。

2021/02/24(Wed) 17:01 | URL  | yasumama #-[ 編集]
yasumamaさんへ
v-351 美しい絵を見ると,心が和んできます。外国の絵は,一緒に行った人の事や,旅先で出会った人など,思い出しながら見ています。今回は,知った方が描かれた絵で,描かれた人の思いが伝わるようでした。コロナで巣ごもりだったり,色々辛い思いをされている方が沢山いますね。早くワクチン接種が進み,コロナが収束して欲しいですね。親しい人と一緒に自由に楽しい時を過ごしたいですね。v-55新たらしいTVは性能が良くて良いでしょう。我が家のTV,かなり年数が経っていますから,風が吹くと,画像がすごく乱れます。それに,昔の録画など,見れません。読書も良いですが,映画は,臨場感があっていいですね。映画館に行けないので,TVの録画の映画,有難いですね。
2021/02/25(Thu) 14:19 | URL  | K.N #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック