FC2ブログ
時は,過去,現在,未来へとずーと繋がっている。時の変化は,何気なく過ぎ去っていく。時は確実に流れている!
もう,20年位,姉は,3月,7月,9月,12月と年4回帰省してくれている。今年は,7月13日に私が入院し手術したので,7月11日~18日まで来てくれた。呉市が大雨,土砂災害で交通網が遮断され,大変な時だったが,関西に住んでいるのにも関わらず,広島駅まで新幹線に乗り,更に市電で宇品港へ。そこからから高速艇に乗って来てくれた。それ以外,呉に来る方法はなかった。お陰で,私は,無事手術を終え,順調に快復している。この秋の彼岸の墓掃除&墓参は,姉と私の都合がなかなか折り合わず,9月27日(木)~29日(土)になった。9月27日(木)に,1週間遅れで,3か所の墓掃除&墓参を済ませた。誰かお参りしてくれたのか,花が活けてあった。一応,済ませて安心した。
28日(金)絵画教室を休んで,姉と一緒に,復旧したクレアライン(高速バス)に乗って,広島へ『第73回 春の院展』を見に行った。この絵は,「プラネット」村上裕二,すごく印象的。
「プラネット」村上 裕二
日本美術院の『春の院展』はそごう広島店で始まり,日本画壇の現在を代表する同人や,若手作家たちが画境を磨いた約180点が展示されていた。大作を中心とした「再興院展」と趣が異なり,作家たちの挑戦の場として,同人をはじめ,招待作家,入賞・入選の意欲作が展示されていた。同人で,理事長を担う田渕俊夫の「明日香心象 寒月」は,満月に照らされた地上の光景で,透明感に満ち,詩情を漂わせていた。
「明日香心象 寒月」田渕俊夫
広島市立大名誉教授の倉島重友「春の水」は,森の中に咲きそろうミズバショウの下を清らかな水が流れ,静寂をたたえている。
「春の水」同人 倉島重友
尾道市立大教授の小田野尚之「轍」は,白い轍のラインが緑の木々の間で映えている。中村譲「朝の潮風」は造船所のある町並みを巧みな構図と色彩で表現している。
「轍」同人 小田野尚之 「朝の潮風」中村譲
中国地方ゆかりの同人では,下田義寛「早暁 梅が香」,西田俊英「白鳥:シルエット」
「早暁 梅が香」同人 下田義寛 「白鳥:シルエット」同人 西田俊英
藁谷実「夕靄の音色」は,歴史ある教会の存在感を丹念な筆で浮かび上がらせている。伊藤髯耳「秋の気配の動き」 
「夕靄の音色」藁谷実 「秋の気配の動き」同人 伊藤髯耳
受賞作品平山郁夫の名を冠した最高賞,春季展賞(郁夫賞)には,広島市立大準教授の前田 力「刻む」。機械仕掛けの古時計を配した構図に折り鶴を盛り込み,平和への思いをにじませている。
「刻む」春季展賞 前田力
山浦めぐみ「DIRETTO」奨励賞,山梨千果子「みえる みられる」奨励賞
「DIRETTO」奨励賞 山浦めぐみ 「見える みられる」奨励賞 山梨千恵子
外務大臣賞:浦上義昭「遊仙郷」,春季展賞:鈴木恵麻「路傍の花」は気づかない所に花が咲いている。
「遊仙郷」浦上義昭 「路傍の花」鈴木恵麻
日本美術院は,明治31年(1898年)に岡倉天心らによって創設された。一時は中断したが,大正3年(1914年)横山大観らによって再興。以来,脈々と続いた在野精神を受け継ぎ,近代日本画の発展に輝かしい足跡を残してきた。すごく見応えがあり,姉も日本画を長く描かれている友だちがいるそうで,興味深く見ていた。見に行って良かったと言っていた。私は,油絵を描いているが,絵画教室では日本画を描かれている方もおられ,奥深いものが感じられて良いなと思っている。これからも自分らしい絵を描いていきたいなと思った。 広島へ行った日は,お天気だったが,今日は雨で,台風24号が日本列島を縦断すると天気予報で言っている。もう,自然災害の被害が出ませんように
スポンサーサイト




【2018/09/29 20:23】 | 芸術鑑賞
トラックバック(0) |


yasumama
はやいものですね~。昨年ご一緒??したのでしょうか。
先日の本「楽園の・・・・・」絵を眺め どんなに感じて どうとか 沢山 かいてあって そうなんか~、そういう見方?とか 思ったのに もう 忘れました。v-404
その時は Nさんが 沢山の絵を鑑賞なさる気持ちが 分りかけたんですが・・・。
私は 情けないけど 分りやすい映画・・・それとても この間の映画は ええっと 思ったりして。
あの ガムを食べながら見ても(関係ないよね) なかなか 頭脳明晰には 程遠い・・・当然ですが・・。v-393

yasumamaさんへ
K.N
v-104この間,4人で見に行った院展は,「再興 院展」で,今年の1月21日でした。だから,まだ8カ月しか経っていません。院展は,「春の院展」と「再興 院展」がありますから,ついこの間って感じがしますね。院展を見ると,日本画は良いなと思いますが,描くには色々と手間がかかります。私は,油絵なので,チューブから絵の具を出して描くだけですが,日本画は岩絵の具を膠で溶かして描きます。最も,油絵も昔は油で溶かして絵の具を作っていたそうです。映画は,座って見るだけだから楽ですね。自分で描くというのは,やはり大変です。記憶力アップのガム有難うございました。v-278明日は天気みたいですね。

コメントを閉じる▲