FC2ブログ
時は,過去,現在,未来へとずーと繋がっている。時の変化は,何気なく過ぎ去っていく。時は確実に流れている!
9月の中旬頃,元の職場の後輩のHさんから,元の職場の大先輩のY先生のお宅へ行くのだが,一緒に付いてきて欲しいと頼まれていた。私たちは,最終学歴も職場も同じで,長く勤務し,共に苦労してきた仲間。現在は退職して,「生々会」のメンバーになって,年に1・2度食事会などをしている。雨降りで,額を持ちかえるので,Hさんの車で行った。Y先生は,今年で92歳。
1983年高校教師を定年退職後,日本画を描き始める。日展作家(谷本正美),広島日展会顧問(濱田宗完)に師事。
1985年広島県美展に出品を始め,入選・入賞(日本画大賞・奨励賞
1988年広島県日本画協会会員に推挙。
1989年全国の公募展に出品を始める。(ボザール展・ねんりんピック・国際美術大賞展など)※ボザール展をクリックすると,その時のblogが表示される。
2003年日本画20年のあゆみ個展(傘寿記念個展
2005年武蔵野会の垣之内千広先生に師事。
2014年「花と共に生きて」個展(卒寿記念個展) ※卒寿記念個展をクリックすると,その時のblog表示される。 
2016年画集発行(今までに描かれた日本画400点中140点掲載)

山崎甲子画集
在職中も,新しい事に色々チャレンジされ,熱心に取り組まれていたが,日本画の方も長年,沢山の作品を描かれている。92歳の現在も,午後は,画室に籠って描かれている。描かれた日本画は,殆ど病院・施設・個人などに寄贈され,家にも少し展示されている。
「カレル橋(チェコ)」,「アルハンブラ宮殿(スペイン)」。「カレル橋は,Hさんが貰われることになっている。私も以前,4・5点ほど絵を戴いている。
カレル橋 アルハンブラ宮殿
「グリプスホルム城(スウェーデン)」「コスモス」
グリプスホルム城スウェーデンの城 コスモス
Y先生の夫のお兄さん(画家)が描かれた「宮島」の絵。夫婦それぞれにと2枚に分かれている。
夫の兄:画家の絵
過去に師事されていた広島日展会顧問(濱田宗完)の絵,福原匠一先生の「牡丹」の軸
雪山 福原匠一「牡丹」
現在,絵を習われている垣之内先生の初期の頃の作品。
白い木蓮
Y先生は染色もされていたので,その作品。この春にで亡くなられた同僚で一緒に染色を習われていた方の遺品。
染色の額 元同僚からの染色軸
お昼は,3人で,ちらしずし,かき玉汁,生の甘エビ,ノンアルコールの甘酒(灘菊)をお喋りしな上がら戴いた。その後,,午後いつも絵を描かれている画室を拝見した。
灘菊の甘酒

画室1 絵筆と膠
この日は終日雨だったので,Hさんの車で家の近くまで送ってもらった。Y先生は,老いてますますお元気で絵を描かれている様子で安堵した。Hさんは,「カレル橋」の絵を新しいマンションに飾られると思うので,すごく喜んでおられた。
スポンサーサイト




【2016/09/30 23:44】 | 芸術鑑賞
トラックバック(0) |


yasumama
92歳でなお 創作意欲に燃えてらっしゃるってすごいです。それにお体が自由に動けるって文武両道???ではないけど そんな感じがいたします。

画室って あれやこれやあります・・・けれど・・キチンとそれなり 片付いているのは美しい。v-426

私もこの夏 ノンアルコールの甘酒にはまりました。疲労回復にも良いらしい??ですね。v-407

yasumamaさんへ
K.N
v-41092歳って,自分はその歳まで生きれるかと思いますが,お元気で絵筆を取っておられます。今までに400枚の絵を描かれているって,驚きです。体も骨折などがありましたが,現在はお元気です。掃除や大きなものの洗濯などはヘルパーさんに頼まれ,買い物などは,生協を利用されています。お店が近くにない所にお住まいですから・・・。午後はいつも画室で日本画を描かれ,頼まれて沢山絵を描かれているとのことです。私は1枚の絵を半年位かけて描いているので脱帽です。いつまでもお元気で絵を描かれることを期待しています。v-425このノンアルコールの甘酒は,灘の甘酒でHさんが持参され,3人で戴きました。美味しかったです。甘酒は,体に良いそうですね。

コメントを閉じる▲