FC2ブログ
時は,過去,現在,未来へとずーと繋がっている。時の変化は,何気なく過ぎ去っていく。時は確実に流れている!
6月21日(金)先日の生々会の旅行の時,元の職場の同僚から,「第37回 土曜会 日本画展」の案内状を頂いていたので出かけた。彼女は,15年位,日本画を習っておられる。「土曜会」は,其阿弥陀赫土先生が講師の日本画教室で,会のメンバーは,素晴らしい絵を描かれる方ばかりで,講師をされている方もいる。勿論,呉市美展などにも「依頼」で出品され,呉美術協会会員展にも出品されている方が多い。
看板
私の元同僚の絵は,コルドバの「古城がある街」,「紫陽花」(墨彩画)を描かれていた。海外旅行で行かれた世界遺産などをよく描かれている。
古城のある街 紫陽花
元同僚の友人の絵は,「太古の樹林」,「県北の無人駅」,「山里の冬」。いつも力強いタッチの絵で素晴らしい。
太古の樹林 県北の無人駅
山里の冬
開業されている歯科医院の隣りに,「其阿弥陀赫土美術館」を開設されている方の絵は,「圓正寺桜」,「孤高」,「醍醐の桜?」。非常にインパクトの強い絵を描かれている。
圓正寺桜 孤高
醍醐の桜
墨彩画教室の講師をされている方の絵は,「古城」,「紅椿」。
古城 紅椿
今回の新県美展に入選されていた方の絵は「運河」。他に,夜明けの風景を描かれている「明けゆくⅡ」。
運河 明けゆくⅡ
地域的な題材として,今年,完成した第2音戸大橋(日招き大橋)の所の昔ながらの音戸の渡し船乗場を描かれている「昼下がりの渡し」。「二河川の橋梁」
昼下がりの渡し 二河川橋梁
「白木の秋」,「旧家の門」
白木の秋 旧家の門
「舟影」,「水路閣」,「浅春」なども印象的な絵だった。
舟影 水路閣
浅春
花の絵は,「鉄線」,「エンゼルトランペット」。日本画は,すごく大変だと聞いているが,それぞれに素晴らしかった。 
鉄線 エンゼルトランペット 
昨秋,教室で訪れた二河峡のスケッチも展示されていた。
二河峡スケッチ展 二河峡
講師の其阿弥赫土先生の絵は「塔」。暗い中に,五重塔が浮かびあがって,荘厳な感じがした。さすがだね。
塔
「土曜会」は,受講生21名と其阿弥先生の風景画や人物画など作品91点が展示されていた。最近,あちこちの美術展を見せて貰いに行ったが,日本画は手間がかかっているだけに奥深い趣きが感じられた。私は,油絵を描き始めて,現在やっと7作目を描いている所だ。私が習っている絵画教室「むさしの会」の今年の作品展は,9月,11月とステップギャラリーがあり,4点の絵を出品させて貰う事になっているが,なかなか思ったように描けなくて,悪戦苦闘している。でも,これから頑張って,少なくとも2点は描かなくてね。
スポンサーサイト




【2013/06/30 08:47】 | 芸術鑑賞
トラックバック(0) |


yasumama
先日に続きお忙しいく そして お元気だからこそ こうして 精力的に取り組まれるのでしょうね。絵を描く力って 観察力 持続力 沢山のものが 必要ですね~v-424素晴らしいですね~。
「昼下がりの渡」を見て なんとなく 嬉しくなってきたとこです。
いつもボーと眺めてるだけですが じっくり眺めてみると どの作品も すごく 遠近感が(ごめんなさい)でてて 感激します。
今日もお出かけですか。 涼しくて いいわ。 昨日は あの角っ子の和食のお店に行きました。v-410

yasumamaさんへ
K.N
v-411土曜日は,お先に失礼しました。この所,絵画展のチケットを色々頂いたので,忙しくなりました。自分の絵を描く時間もありません。地元の画家の絵画展ですから,馴染のある場所を描かれています。日本画は,油絵などとは違って,手がかかるようです。それに,「土曜会」は,お上手な方ばかりですから・・・。v-388私は,油絵でも,結構,念入りに描いているので,時間がかかりますが,まだまだ,すごく未熟です。昨日は,v-448車で,姉を三次に連れて行きました。ワイナリー,美術館,「卯建のある家」の町並みを見て歩きました。今朝,帰りました。v-456


コメントを閉じる▲