FC2ブログ
時は,過去,現在,未来へとずーと繋がっている。時の変化は,何気なく過ぎ去っていく。時は確実に流れている!
5月26日(日)友だちと呉市文化ホールに,呉市文化団体連合会-春の文化祭-「合唱フェスティバル」を聴きに行った。太極拳の友だちの一人がコーラスに出場されるとの事で,大分前にチケットを頂いていた。
チケット
プログラム1番目女性コーラス みち」曲名は,「山の向こうは」,「津和野の風」。太極拳の友だちは,前列の中央辺りで歌っておられた。年々,落ち付いた雰囲気で堂々と歌っておられる感じだ。もう一人,息子の友だちのお母さんも出ておられた。プログラム2番目フレンズ」曲名は,「むぎや」で,こちらも昔からよく知っている知人が出ておられた。
女性コーラス みち フレンズ
プログラム3番目自治会混声合唱コールエコー吉松」曲名は,「たんぽぽ」,「花は咲く」で,こちらも以前の職場の男性の同僚が出ておられた。前日が体育祭だったので,喉が痛くてと言われていたが,よく声が出ていた。プログラム4番目コール・インウィ」曲名は,「星月夜」,「花いかだ」,無伴奏女性合唱曲集から「刈干切り歌」(宮崎県民謡)と「いの字いっさいこく」(愛媛県城川地方のわらべうた)。以前,ご近所の方(3,4年前に亡くなられた)が,出場されるとのことで,コンサートのチケットを頂いて聴きに行った事がある。5年に1度コンサートを開かれ,全国大会にも出場された事があるそうだ。かなり高齢の方も出ておられた。最後の曲では,歌に合わせての手の動作が良かった。
自治会混声合唱コールエコー吉松 コール・インウィ
プログラム5番目焼山カメリア」曲名は,「お祭りマンボ」,「心の瞳」,「風が」。プログラム6番目ラ・ドルチェ」曲名は,瑠璃色の地球」,「夢みたものは」。「ラ・ドルチェ」は2001年4月15日に発足。以来,呉市で月に2回ペースの練習で,現在団員15名弱だそうだ。
焼山カメリア ラ・ドルチェ
プログラム7番目女性合唱団コール百音」曲目は,変更されたというアナウンスがあったが聴き逃してしまった。その後,15分間の休憩があった。観客席は,2/3位埋まっていたが,後半は,ほぼ満席状態だった。
女性合唱団コール百音 聴衆
プログラム8番目「呉YMCA女声コーラス シャローム」曲名は,「あなたはどこに」,「涙が泣いている」,「花は咲く」。1986年発足。2008年にはパレスチナYMCAで支援チャリティコンサートを開かれたそうだ。「シャローム」は,現代のイスラエルにおいては日常の挨拶「こんにちは」「さようなら」という意味とのこと。プログラム9番目呉コンサート協会」曲名は,「ふるさとの」,「初恋」,「Sogno/夢」,「Standchen/セレナーデ」(作曲:シューベルト)。若い女性の声が綺麗だった。
呉YMCA女声コーラス シャローム 呉コンサート協会
プログラム10番目呉合唱団フリューゲルコール」曲名は,「おぼろ月夜」,「お猿のかごや」,「夕焼け小焼け」。2009年に創立60周年を迎え,定期演奏会を開かれたそうだ。40歳から70歳の男女17名がプロ指揮者斎藤秀樹さんの指導のもと,市内の教会で毎週練習。呉市初の合唱団として結成し,名称には「同じ翼の下で歌う」という意味が込められているそうだ。プログラム11番目アンサンブル・ポケット」曲名は,「野ばら」,「木綿のハンカチーフ」,「プレイバックpart2」,「真っ赤な太陽」。パーカッションが入ったり,スイングや隊列を変えたりして工夫されていた。
呉合唱団フリューゲルコール 
アンサンブル・ポケット1 アンサンブル・ポケット2 
プログラム12番目混声合唱ヴァイオレット」曲名は,「ちんちん千鳥」,「浜辺の歌」。プログラム13番目コール・トロイメン」曲名は,「アカナ」(夕焼の精),「エイサー」(踊り)沖縄独特の雰囲気だった。1969年に結成,幅広い年齢層の合唱団で,年に1度定期演奏会を開いているそうだ。
混声合唱ヴァイオレット コール・トロイメン
プログラム14番目呉混声合唱団とあゆむ歌の会」曲名は,「瑠璃色の地球」,「ふるさと」。2012年第39回混声合唱団定期演奏会を開かれたが,第40回は,団員以外の方々に広く参加していただき,共に歌えるステージを設ける事にされたそうだ。それで今回も「呉混声合唱団とあゆむ歌の会」となっている。
呉混声合唱団とあゆむ歌の会
今回の「合唱フェスティバル」のフィナーレとして,合唱団と観客が心を一つにして,「今日の日はさようなら」を歌い,藤賀醇子先生の挨拶で閉演となった。
フィナーレ フィナーレ挨拶
どの合唱団も練習を重ねられ,素敵なハーモニーだった。衣装や振りや楽器など色々工夫されすごく良かった。最初は,何曲か聴いて帰ろうかと思っていたが,旧知の方たちも出ておられ,ついつい最後まで鑑賞した。コーラスで癒された半日を過ごさせて貰った。チケットを頂いた友だちにも感謝しなくては・・・。
スポンサーサイト




【2013/05/29 09:03】 | コンサート
トラックバック(0) |

歌うっていい事ですね。
yasumama
合唱団もさることながら それを率いる先生方の 素晴らしい事、いろんな指揮者にふっと 普段はこうふうにおしえてらっしゃるかなと そんな雰囲気も 味わいながら 楽しいひと時でした。v-354前半で帰ろうと思ってたのに 腰があがりませんでしたね。最後のご挨拶をなさった F先生、厳しそうで優雅で可愛くて・・失礼・・でも 素敵でした。みなさんとてもお上手に感心・・声がでるっていいですね。v-342

yasumamaさんへ
K.N
v-342合唱フェスティバル,楽しく聴かせて貰いましたね。Oさん,ピンクのドレスも優雅で,堂々と歌われていました。それに,太極拳だけではなく,色々な事に挑戦されているMさん,私の元同僚の男性,みんな楽しそうに歌っておられました。e-343皆の声が合わさって素敵なハーモニーが醸しだされていました。それぞれの合唱団には,歴史があり,忙しい中を集まって練習し,定期演奏会などもされているようで感心しました。最後の指揮をされた先生,永く大学の先生をされています。対外的な面でも色々活躍されているようですね。v-388音痴の私は,コーラスなんて,夢のまた夢ですが・・・。

質の高い合唱フェスティバルですねー!
sa-sa
文化祭というと、今まで練習してきたことを家族や知り合いの方々にお披露目するお祭り的な要素もあると思うんですが、これは内容が濃いですね。普通は自分の家族や知ってる方の出番が終了すると観客席も入れ替わって、結構空きが多いものですが、後半は満席に近いというのは凄いですね。お二人とも最後まで腰が上がらなかったということですし、その様子を物語っていますね~。
K.Nさん、音痴でしたっけーe-453私は凄い音痴なのに、友人に誘われてオカリナをやり始め、少しは音痴も改善するかと思いきや、そんな甘いもんではありません。肺活量的にも息が続かない為[絵文字:v-431うまく吹けなくて文化祭に出るのも四苦八苦していますv-388いつまで続きますやら???

sa-saさんへ
K.N
e-343呉市には,呉市文化団体連合会という組織があり,春と秋に文化祭をしています。以前,秋の文化祭の様子をこのblogで取り上げましたが,色んな分野があり,展示・ステージ発表と多彩です。今回は,コーラスで,この団体に所属していないコーラスグループもまだあります。地元なので,知っている方も多くて,チケットも頂きました。v-341私は音痴なので,みんなの音を狂わすのでしないことにしてますが,コーラスはそれぞれパートに分かれ,ハーモニーで一体感が持てて良いですね。v-411sa-saさんは,オカリナを始められたのですか。わが街のペアーレにもオカリナの講座があり,太極拳の友だちが習っておられます。素朴な音色で良いですね。やはり,そちらも文化祭があるのですか。v-220頑張って下さい。

sugiyama
K.N
v-341妹さんが広響で演奏されたりして,ご自身も音楽好きでしたね。でも,何年振りでしょうか,ステージでコーラスに出ておられる姿を見て吃驚しました。私は,blogを書く為に写真を撮りたいので,いつも前の席に座る事にしてます。カメラも1眼レフのミラーレスを買ったのですが,重いので,いつもはデジカメを使っています。退職後は,今までに出来なかった事をしようと思い,習い事や旅行などして遊んでいます。e-330太極拳とe-309絵画を習っています。お元気で,これからも益々ご活躍を!

楽しいコーラス発表会でした
sugiyama
> 昨年から吉松コーラスに所属して,年2回のコーラスに出ています。今回も小川先生の元で良い曲を練習し発表しました。ステージに上がったときに,何と第一列にN先生がおられるではないですか! かつて力を出し合って学校作りに情熱を出し合った先輩のN先生がきいておられました! コーラスに参加したおかげでかつての同僚,先輩にお会いできたのだと感謝しています。歌った後は先生の後ろに行き,色々話をしました。久しぶりの再会でした。とても元気よくて昔のままのエネルギッシュな先生でした。N先生,お会いしたい方々がおられたら会合などコーディネートしますよ。お知らせください。

コメントを閉じる▲