FC2ブログ
時は,過去,現在,未来へとずーと繋がっている。時の変化は,何気なく過ぎ去っていく。時は確実に流れている!
4月19日(金)~5月12日(日)旧広島市民球場跡地一帯で「ひろしま菓子博2013」(26回全国菓子大博覧会)が開催されている。全国菓子大博覧会は,1911年東京で開かれた帝国菓子飴大品評会が始まりで,4年に一度開かれている。広島での開催は92年振りだそうだ。今回の菓子博のテーマは,「世界にとどけ!笑顔をむすぶお菓子のちから」。5つのゾーンに分かれ,全国の菓子を味わえる他,工芸菓子の展示や菓子作り教室など多彩なイベントがある。菓子博のキャラクターの「かしなりくん」は,団子のまげを結い,毛利元就に因んで3本の矢を持っている。「スイーツ姫」は,ホイップクリームにカラフルなチョコチップをちりばめた帽子をかぶっている。
菓子博イメージイメージキャラクター
菓子博の総事業費は16億円で80万人の来客予想で,約150億円の経済効果があると見込んでいるそうだ。
4月23日(火)太極拳の友だちと菓子博に行った。チケットの前売り券は,シニア料金で1400円だった。メインゲートから入場し,最初に“出会いと交流ゾーン”の「全国お菓子めぐり館」に入ったが,かなりの行列だった。しかし,平日だったので,思ったほど長く並ばずに入場できた。
地図1 全国お菓子めぐり館
まずは北海道・東北のブースから見て回った。北海道産のお菓子の材料の豆を使って,北海道の地図を作って展示されていた。人が多くて,背伸びをして見て廻った。
北海道&東北 北海道地図
関東・甲信越~中部地方と順次見て回った。それぞれ,地域の伝統や特色あるお菓子が展示されていた。お土産などで頂くお菓子も何点かあった。チョコレートで作られた工芸菓子,山古志の笹包みなど。
親子3代祭り 山古志の笹包み
次は,近畿街道で,こちらは何と言っても京都のお菓子は洗練されていて,有名なお店のお菓子が色々展示されていた。銘菓の展示に加え,小倉百人一首を表現した工芸菓子も何点か陳列されていた。
近畿街道
ちはやぶる神代もきかず 瀬を早み岩にせかるる
季節がら,美しい牡丹の工芸菓子や飴細工のお菓子なども展示されていた。
ぼたん 飴工芸菓子
「大阪咲かそ」というテーマのお菓子のオブジェで,府下33都市のそれぞれのイメージを織りこんだ工芸菓子。お腹も少し減ってきたので,すぐに買える美味しそうな店の菓子を買って食べた。他の所は,レジの所で長い行列が出来ていた。
大阪咲かそ 美味しかった
次は,中国・四国のお菓子処。広島県の呉市の馴染のある店の銘菓も色々展示されていた。徳島県では,阿波踊りの工芸菓子が展示されていた。 
中国・四国のお菓子処 阿波踊り
九州・沖縄では,熊本の「くまモン」のゆるキャラのお菓子が出ていた。お土産でよく頂く「鶴乃子」饅頭が出ていた。
くまモン 鶴乃子
一通り見て廻り,隣の「全国お菓子バザール」に行こうかと思ったが,長蛇の列だったので,「シンボルゾーン」の工芸菓子の展示を見に行った。県立体育館の大きな会場に,菓子職人たちがそれぞれ自慢の腕をふるった工芸菓子で,すごく華やかな雰囲気だった。牡丹・椿・紫陽花・藤・アヤメなどホントの花みたいに精巧で美しく作られて展示されていた。(写真撮影NG)こちらの会場では,何と言っても広島を代表する厳島神社の工芸菓子が圧巻だった。
工芸菓子
厳島神社1
この厳島神社は,10m×9mの青い砂糖の海に,砂糖と餡で作った社殿。実物の1/15のスケールで,6隻の船が浮かび,管絃祭を再現していた。1年がかりでパーツごとに作り,約30人の職人が制作と組み立てをしたそうだ。船に乗っている人や行列の人の顔が一人ずつ違っているとのこと。そちらを見終わって,途中の茶席で串団子を食べて,「出会いと交流ゾーン」の「お菓子の工場」に行った。もみじ饅頭をオートメイションで焼いていて、焼きたてを貰って食べた。手作りで焼いているコーナーもあった。
お菓子の工場 もみじ饅頭自動焼き機 
次に,隣の「広島と世界のお菓子バザール」に入った。色んなお菓子を販売していたが、最近,売り出した広島レモンを使ったスイーツや韓国の宮廷菓子の「福糸玉」などの実演をして販売していた。レジはこれまた長い行列が出来ていたので,何も買わないで会場を後にした。
広島レモンスイーツ レジ
昼食を食べる所も無く,甘いお菓子で空腹を満たしていたので,少々甘い物に食傷気味になっていたので,そごうデパートでお蕎麦を食べて,呉までクレアラインの高速バスに乗って帰宅した。お天気もまあまあで,待ち時間もそんなに長くなく,「菓子博」を楽しめて良かった。休日・祝日に行くと,待ち時間もすごく長いし,一応見て回るのにも,かなりの時間がかかると思う。今朝の新聞によると,19日の開幕から昨日までの延べ来場者は215,200人になったそうだ。また,このゴールデンウィークで来場者がさらに膨れ上がることだろう。次回,広島で開催される菓子博には到底行けないので,良い思い出になって良かった。
スポンサーサイト




【2013/04/28 09:15】 | イベント
トラックバック(0) |

目の保養になり 楽しかったですね。
yasumama
結構 楽しませてもらいましたね。会場の案内も親切で 良かったのではと思います。v-274余りの多さにお菓子も見てても目がうつろ??になってボーです。
あの厳島神社なんて何で作ってあったのでしょうかね~。干菓子を作る材料ですかね。お菓子とは思えませんね~。v-315気温も丁度良かったし満足しました。人の多さには 当たり前ですが・・・。
若い者はプレゼントのあるところを目指して キョロちゃんのとかもう1つなんだったか忘れたけど getしたみたいです、下調べをしてゆくみたいです。v-407
先程、書いたのですが 上の所のツールバー??消滅して あわてました。当ってないのに やっぱり 当ってるのでしょうかね~~。v-393

yasumamaさんへ
K.N
v-369菓子博,私たちは平日の早い日に行ったので,余り混まなくて良かったですね。但し,やっていない催しもあったみたいですが・・・。各ブースとも,分かり易く,綺麗に展示されていましたね。レジが混んでいた売り場もありましたが,その場で簡単に買える所もあって良かったです。v-402素敵な工芸菓子が沢山で,人混みをかき分けて見るのも大変でした。厳島神社は,砂糖と餡で出来ているそうです。呉のお菓子屋さんもそう言われてました。下調べを十分にしていくと,納得いく見学が出来ますね。行って見なくては分からない方式ではだめですね。祝・休日しかやらない所もあったみたいですよ。比較的ゆったりと見れて良かったですね。甘さには少し・・・閉口しました。v-216yahooの上のバーですか。×印をクリックされたのでは・・・。?

菓子博、行かれたんですね~!
sa-sa
e-288]テレビや新聞でも取り上げられてましたから近ければ行ってみたいところですねー。4年に一度なら尚更のこと。それに最近始まったことかと思ってましたが、第一回が1911年なんて吃驚しました。全国の菓子職人の技や受け継がれてきた伝統のお菓子が一堂に集まって目と舌で楽しめそうですね。「厳島神社」は一年もかけて準備されたんですか~!
昨日おっとっとーの古稀の祝いを子供達がしてくれました。頂いたお酒とロールケーキをみんなで賞味し楽しみました。両方ともとても美味しかったです。ご馳走様でしたe-466


sa-saさんへ
K.N
v-354第26回全国菓子大博覧会は,4年に1度ですから,今度は何処の県で開催されるのでしょう。20回の松江であった時は,在職中で職場の仲間を車に乗せて,行きました。20年前になるのですね。この連休はすごい人でだそうです。見学,試食なども沢山の人で待ち時間が大変だそうです。v-297厳島神社は,荘厳な雰囲気で素敵でした。行列や船に乗っている人の顔も一人ひとり違えて作られていました。お菓子で作られているようには見えませんでしたよ。兄は,古稀を迎え,皆でお祝いして貰って良かったですね。v-425ロールケーキは,日本酒が浸みこませてあるそうです。千福ギャラリーの品です。これからも,みんな元気で過ごしたいものですね。v-411

菓子博
Naho
先生こんにちは!
13年くらい前にお世話になった西垣です。
先日同級生の友達から先生のBlogの事を聞いてお邪魔しました。
私もGWに帰省して菓子博行きました。
人が多くて二つの会場は行けませんでした。。。

何はともあれ、いつかお会いできるのを楽しみにしてます。
西垣

Nahoさんへ
K.N
v-430ホント久し振りですね。元気にしてましたか。今は何をしているのかな?私は退職して,6年になります。1年は講師で働きましたが,その後は,母・姑が亡くなり,忙しい毎日で,仕事はしてません。退職後は,太極拳(11年)をし,絵画(4年)を習ったり,ヨーロッパ各国を海外旅行しています。blogは,7年半になります。お菓子博,広島は92年振りだそうです。チョッと甘過ぎでした。いつか,会えると良いですね。e-343

コメントを閉じる▲