FC2ブログ
時は,過去,現在,未来へとずーと繋がっている。時の変化は,何気なく過ぎ去っていく。時は確実に流れている!
10月21日バレンシアでの朝食はバイキング形式。大きなホテルでバイキングのお料理も数も色々。
朝食
8:30ホテルを専用バスに乗って出発した。日本だとこの時間はもうすっかり明るくなっているのにすごく暗い。反対に夕方はいつまでも明るい感じがした。今日の観光のバレンシアはマドリッド,バルセロナに次ぐスペイン第3の都市。温暖な気候と肥沃な大地で農業が盛んでオレンジの大生産地として有名。市内観光(約1時間)は,まずは「カテドラル(大聖堂)」の見学。昔,ローマ時代の遺跡やアラブのモスクがあった所に1262年から1426年(150年間)にかけて建築されたゴシック様式のカテドラル。その後,増改築が行われ,バロック様式や様々な様式が重なり合って現在に至っているそうだ。高い建物は,ミゲレテの塔。
カテドラル&ミゲレテの塔
カテドラルには3つの門があり,正面がバロック様式,南側のパラウ門はロマネスク様式,北側の使徒の門はゴシック様式だそうだ。
バロック様式のファサード  南のパラウ門ロマネスク
カテドラルの使徒の門
カテドラルの内部も少し覗いてみた。キリストが弟子たちと“最後の晩餐”に用いたと言われる聖杯があるそうだが時間がなくて見れなかった。
カテドラルの内部1  カテドラルの内部2
カテドラルの裏側にはビルヘン広場に面して聖母教会があり,噴水もあった。
聖母教会  ビルヘン広場
その後,ヨーロッパで最大規模を誇る中央市場に行った。
中央市場1  市場3
生ハムの豚の足が沢山ぶら下がっていた。野菜・果物・魚介類・肉類など美味しそうなものが沢山。アーモンドとパエリアに使われるサフランを買った。パエリアの鍋も売られていた。
市場2
そこからすぐ近くで世界遺産の「ラ・ロンハ」へ行った。15世紀末絹貿易の交易取引所として建造されたゴシック様式の建物。19世紀まで使用されていた。ゴシック様式の民間建築としてはヨーロッパでも傑出しているそうだ。ラ・ロンハ  ラ・ロンハ4
入ったすぐの所には,8本の柱が支える放射線状の高さ16mの天井が優雅で柱のサロン(サロン・デ。ラス・コムナス)と言われている。2F・3Fはイスラム様式で,木に精巧な細工を施した裁判所のような部屋があった。
柱のサロン  ラ・ロンハ3
中庭にはオレンジが実り,外側はナポレオンが攻めてきた折の被弾痕が残っているケアルトの塔があった。
クアルトの塔&砲弾の跡
見学後はバスに乗り,マドリッドの途中の世界遺産クエンカに向かった。220kmの道路の両サイドは風力発電やブドウ畑などで,途中,湖が1か所あった位で家は殆ど見当たらない。バスの車中で添乗員さんからスペインの建国史を聞いたり,音楽を聴かせて貰った。
風力発電  ブドウ畑
スペイン中央部クエンカは,フカール川とウエカル川の浸食作用によって造られた石灰岩の岩山に,9世紀イスラム教徒によって要塞都市が築かれた。キリスト教徒はイベリア半島をイスラム教徒から奪還しようとして,何世紀も戦いが続き,イスラムの難攻不落の要塞都市クエンカを兵糧攻めにしたがびくともせず,彼らは昼間は外で羊を飼い,夜は城砦の中に入れてしまう事に目を付けたカスティーリャ王アルフォンソは羊の皮を被った兵士を紛れ込ませ陥落させたそうだその時の事を表現した銅板プレートがあった。
銅版プレート 石灰岩の風化
バスから降りて,小高い山の上のパラドールに行った。途中,向かいの高い崖の間に橋があったが,その橋は以前は石橋だったそうだが今は鉄の橋になっていた。橋げたが下の方に少し残っていた。
サン・パブロ橋1  サン・パブロの吊橋
パラドールは国営ホテルの事で以前は修道院だったそうで,今日はこちらで昼食をとる事になっていた。
パラドール  パラドール食堂
素敵な食堂で昼食を美味しく頂いた。
昼食1  昼食2
昼食3  昼食4
食後,サン・パブロ橋を歩いて渡り,崖っぷちに立っている宙づりの家を見学し,ガイドさんの案内で古い城砦の街を散策した。向かいの山の上にキリストが手を広げた像が立っていた。
宙づりの家  山頂キリスト像
クエンカ街並み  クエンカ街並み2
牛追い祭りで牛が出てくる所,カスティーリャ王アルフォンソの銅像。  
牛追い祭り  銅像
12世紀後半から建築が始まったが現在も未完成のカテドラル,側で絵を描いている男性がいた。
カテドラル
クエンカの見学を終え,再びバスに乗り,165km離れたスペインの首都マドリッドに向かった。マドリッド市内のレストランで夕食を頂く。
夕食1  夕食2
デザート
その後,20:30頃マドリッド市内のホテルに到着。今夜のホテルは,調度品も色々アンティークな物が沢山置かれ,なかなか立派な感じのホテルだった。このホテルは明日も宿泊する事になっている。
ホテル  ホテル内部
今日も沢山観光して疲れたので早々に就寝。
スポンサーサイト




【2010/10/31 15:55】 | 旅行
トラックバック(0) |

早くも3日目ですね。
yasumama
おっしゃる通り 見るも聞くも 違って 目の前が スペイン。美しい建築物がいっぱいでジャパンも 素晴らしいと 思っていましたが 外国は違って なんか ワクワク いたします。
連泊だと おちつけますね。 それに バイキングの朝食 食べ過ぎる程 美味しかったのね。
あれ、これって 途中でしたか。私は21日に出発でしたが どこを回ってらっしゃるかな~って いろいろ 想像させてもらいました。v-410食事はあきませんか。そうそう 円高で お得って1日目に書いてありましたが 嬉しいですね。

連泊は明日でした。
K.N
v-433v-430行くまでは,10日間は長いなと思ってましたが,済んでみると,あっという間の10日間だったように思います。初めてのスペイン・ポルトガルで見るもの,触れるのも珍しいものばかりでした。思い出しながら,blogを書いてますが,忘れている事が多く吃驚です。ガイドやネットを頼りに思いだしています。国内も良いけど,元気なうちに遠くへ行かれると良いですよ。目から鱗です。私としては円高はすごく良かったです。1ユーロ換算が1昨年は160円,昨年は140円,今年は115円でした。e-233

コメントを閉じる▲