FC2ブログ
時は,過去,現在,未来へとずーと繋がっている。時の変化は,何気なく過ぎ去っていく。時は確実に流れている!
5月26日,旅行2日目。お天気も上々で,朝風呂に入って,朝食バイキングを美味しく頂き,大谷山荘を9:00頃出発。今日の行き先は,金子みすず記念館と香月泰男美術館なので,まずは仙崎へ向った。
朝食バイキング 大谷山荘1
仙崎駅で地図を貰い,近くの駐車場へ車を停めて歩いて,「金子みすず記念館」へ行った。仙崎駅の前の通りは,金子みすず通りになっていて,メモリアルアートがあちこちにある。
金子みすず通り 金子みすず記念館
何と,記念館に着いて入館しようかと思っていたら,「休館日」だった。休館日は大抵月曜日が多いので,火曜日は大丈夫だと思っていたのに・・・。よりも寄って,月1回の振替日で火曜日が休館日だと言われた。小学生が社会見学か何かで見学に来ていたが,私たちは入れなかった。仕方なく,「みすず通り」の蒲鉾板モザイク壁画を見て歩いた。記念館のすぐ向いの「星とたんぽぽ」の壁画,海外引揚ギャラリーの「大漁」の壁画。
星とたんぽぽ 大漁
仙崎駅は無人駅で壁画もあったが,一部分がギャラリーになっていて,金子みすずと香月泰男が紹介されていた。
金子みすず1 香月泰男1
仕方なく,三隅の湯免温泉の近くの「香月泰男美術館」へ行った。そこは絶対大丈夫と思ったが,ここも振替休館日だった。それですぐ近くの「香月ロード」を見にいった。道路の所々にブリキの人形のユニークな造形が何体かあった。
ブリキの人形1 ブリキの人形2
残念ずくめだったが,次は萩のシーマートへ寄って少し買物をして松陰神社へ行った。
シーマート 松陰神社
松陰神社では,「薩長土連合密談の地」や「「明治維新胎動の地」という大きな石碑が立っていた。学校から22km歩いて来たという中学生も見学していた。
薩長土連合密議の処 明治維新胎動の地
吉田松陰が主宰していた松下村塾や松陰神社の社殿があった。
松下村塾 松陰神社1
見学やお参りを済ませ,次に入場料を500円払って「吉田松陰歴史館」に入館した。。まるで生きているような実物大の蝋人形があって,吉田松陰の生涯の説明がされていたのでよく分かった。松陰は幼くして吉田家の養子となり,叔父らから兵学を学び,9歳の時,藩校「明倫館」で兵学の講義をして以後,「明倫館」で教授する事とになったそうだ。右の写真は11歳の時の御前講義の様子でその教授の巧みさに藩主が驚いたそうだ。
叔父の教育を受ける 御前講義
19歳で明倫館の師範になり,20歳で藩府の許可を得て,九州へ遊学。21歳で藩主に従って江戸に出て佐久間象山について兵学を広く学ぶ。
佐久間象山に入門
22歳の時無届けで東北視察に行き,士籍と禄高を没収。24歳で萩を出て江戸に向い,諸国の志士と交流を深める。25歳でアメリカ軍艦に乗り込み,海外渡航を企て失敗して自首する。伝馬町の獄舎に入れられ,その後萩に送り帰され,野山獄に入るが出獄。その後,近隣の子弟を集め,松下村塾の主宰となる。29歳で同志17名と血盟し、「安政の大獄」を未然に防止しようと,老中の要撃策を企図する。藩府は松陰を危険人物として再び投獄する。獄中においてもこの策を推進し,門人たちも投獄されて失敗する。30歳の時,幕府は藩府に松陰の江戸送致を命じ,松陰は伝馬町の獄で刑死する。
別れの宴
江戸評定所の取り調べ
僧 宇都宮黙霖や月性が松陰の思想に大きく影響を与えたそうだ。                                     松陰神社を後にして,262号線を防府まで走り,さらに山陽道に入り廿日市で下りて帰路についた。休館日で見学できなかったが,松陰神社に来たのも随分昔なので,あらためて明治維新も再認識できて良かった。今回も結構欲張りで楽しい旅行だったね。
スポンサーサイト




【2009/05/30 18:04】 | 未分類
トラックバック(0) |

No title
yasumama
どんな苦境にあってもめげず 己の意志をまっとうするってすごい事です。色々考えさせれれました。

頭の中に地図があるかのごとくお二人で自由自在に運転、ナビゲーターに感心いたします。いつもの事ながらですが・・・。蝋人形にはちょっとビックリいたしました。1人は寂しいですね。みすずさんも香月記念館も休館とは 驚きました、が 楽しい旅でした。


No title
K.N
yasumamaさんへ

金子みすず記念館,香月泰男美術館が行けなくて残念でしたが,松陰神社も勉強になりましたね。私はあの辺は余り詳しくないのですが,従妹は何度も行っているそうで色々知っていて助かりました。我が家を少し下りた所の三ツ蔵の所の石碑に宇都宮黙霖さんの事が書かれてましたね。イカメールを今日孫に送りました。


No title
きまま
せっかく行ったのに両方とも休館日とは‥残念でしたね。

金子みすの詩は娘の学校の教科書で初めて知りました。「みんな違ってみんな良い‥」心温まる私の好きな詩です。

仙崎に行った時、港の近くでウニ釜飯を食べました。美味しかった~!K.Nさんは食べたことありますか?


No title
K.N
きままさんへ

そうです。遠路はるばるやって来たのにすごく残念でした。記念館の方も,こっそり入れてくれても良いのに・・・。金子みすずの生涯は随分以前に,TVで松たか子がやってました。知人は,そのロケの時,大谷山荘に松たか子が泊まっていたと言ってました。金子みすずは才能に恵まれているのに不遇な生涯だったそうです。ウニ丼は,25年前位に壱岐・対馬方面に旅行した時初めて食べました。今回は,ウニでなく海鮮丼にしましたが美味しかったです。


コメントを閉じる▲