FC2ブログ
時は,過去,現在,未来へとずーと繋がっている。時の変化は,何気なく過ぎ去っていく。時は確実に流れている!
先週末は小雪も降り,すごく寒い日だったが,今日は,お天気も良く,風も無く暖かい。先週の土曜日,フラワーロードさんから,梅や蝋梅の小枝や水仙を頂いた。どんなに活けようかと思案していたが,丁度姉がいたので,和風の花器に活けて貰った。少し大きな花器に活けたので,庭の水仙を足し,さらに花屋でアイリスとスイトピーを買って活けた。母は活花が得意だったが,私は苦手。枝振りを活かして活けるのは,なかなか難しいけど,どうにか活けて玄関に置いた。
春の花
春らしい感じでいいかな。中庭に出てみると,クロガネモチの赤い実を食べにヒヨドリが数羽来ている。私が出て行くと,ぱぁーと逃げていったので,家の中から撮影。なかなか良い絵になっている。昨年は,3月頃に来たが今年は早い。4月頃までに全て赤い実は無くなってしまう。側に,「寒あやめ」,1昨年買った「シクラメン」,「水仙」が綺麗に咲いている。
クロガネモチ1 寒あやめ
      
シクラメン
外の庭には,プランタに昨年苗を買った「ビオラ」,こぼれ種で生えた「桜草」,暑い夏を2回も過ごした「プリムラ・ポリアンサ」などが咲いている。
桜草 ビオラ
   
ポリアンサ
明るい色の花を見ると,心まで暖まる感じがする。温室や部屋の窓辺では,春を待つ洋ランが沢山蕾を付けている。
温室2 温室1
シンピジューム「マリリンモンロー」の蕾,昨年も豪華に咲いた「イースターパレード」の蕾。
マリリンモンロー イースターパレード蕾
デンドロの種類の白い大きな花の蕾など,色々咲きそうだ。それにストレチアのオレンジ色の極楽鳥みたいな花も咲いている。
デンドロ蕾 ストレチア

戸外で越冬できない植物(サボテン類やブーゲンビリアなど)も色んな所へ入れている。以前,鉢とプランタの数を数えてみたら,150個以上あった。1年に一度花が咲くだけだけど,やはり捨てられない。25日の日曜日,そごうの「ターシャ展」に行ったが,ターシャの気持ちがよく分かる。私はターシャのようには出来ないけど,あんな生活に少し憧れている。
ターシャ1
いろんな花が咲き,素敵な香りに包まれた,春が待ち遠しいな。
スポンサーサイト




【2009/01/28 17:28】 | 未分類
トラックバック(0) |

No title
yasumama
まさに、花園ですね。 開花して咲き誇ってるものあり、蕾で 今に咲こうとしてる物、様々ですね。

田舎育ちの私としては お花は庭で勝手に咲くものと 思っていました。季節が来れば 一杯 花がさいていましたもの。お花の名前も沢山知ってましたが 忘れてしまいました。こんなに 心して育てるものなのですね。当り前ですよね。もう少し寒いけど・・今日は まさに 春の陽射しを 感じました。


No title
K.N
yasumamaさんへ

立春というと寒い季節ですが,春が少し見えた感じがして,元気がでます。花たちもそれぞれに春の扉を開けつつあります。お雛様はもう出しても良いのかしら。昨年は風邪を引いたりで出さなかったので,今年は出す事にしてます。陽差しも段々明るくなり,鳥のさえずりも聞こえてきますね。


コメントを閉じる▲