FC2ブログ
時は,過去,現在,未来へとずーと繋がっている。時の変化は,何気なく過ぎ去っていく。時は確実に流れている!
今春,近くで小さな桜の木を見つけた。寒さで木は枝ばかり。3月の終わり,蕾が・・・,その木の根かたには,土筆もちらほらとのぞいていた。4月に入ると,開花,可憐な花びらを披露した。この桜木はよくある桜とは少し花びらや花色が異なり,とても可愛い!


春の桜



 5月には,新緑の葉桜になった。美味しい桜餅にはなくてはならないその香り。桜の葉も一緒にいただく。

>桜餅




 11月には,段々葉が色づき,燃え立つような紅葉となった。これからくる寒い冬を目前に最後の華を精一杯披露している。人間の人生もこのようなものかも知れない。
 ふと見渡すと,山々の桜も,春は春色に,秋は秋色にで彩りを放っている。自分の存在を全身で表現している,そんな桜が好き!!

秋の桜









スポンサーサイト




【2005/11/30 22:02】 | 未分類
トラックバック(0) |

No title
kawaii155cm
桜は、観てよし、食べてよし。

心をうきうきさせてくれますね。

私は、この桜の葉を集めて冷凍室に保存しておいて、染色をした事があります。ピンクの淡い美しい染色ができます。

また、桜の木屑(チップ)で、自家製の燻製を作って、一杯やるのも、いいですね。

なぜか、いつも、最後は食べる事にいってしまう私です。


No title
yasumama
そうですね。私は 今まで あまり気にもせず 春の桜しか 心にありませんでした。なぜか 今年は 秋もこんなに 美しく紅葉することを 初めて 意識しました。今年の環境の変化が そうさせるのでしょうか。食べることは あまり心にない 私は 寂しいですね。


No title
K.N
kawaii155cmさん,yasumamaさん,コメントありがとう。桜は色々な所に登場しますね。そうそう私はまだ,桜の縁のものを経験しました。山桜の実(?)のお酒です。OS山ワインと言われておられましたが,知人宅で頂きました。真っ赤なきれいな色でとても美味しいお酒でした。ご夫婦で桜の実(?)を摘んでホワイトリカーに漬け込んだとのことでした。それに加え,彼女の中華料理の腕も最高でした。でも,その人に会うことはもう出来なくなりました


コメントを閉じる▲