FC2ブログ
時は,過去,現在,未来へとずーと繋がっている。時の変化は,何気なく過ぎ去っていく。時は確実に流れている!
11月1日(木)に旅行から帰宅,2日(金)の7:00から,町内の皆さんと祭りのしめ縄を張った。呉市では,9月位から11月まで,あちこちで祭りがある。亀山神社の大祭は,10月14日だったが忙しかったのでお参りしなかった。
亀山神社祭り
私たちの地域の龍王神社は,例年11月3日(土)が秋祭りだ。昼前後に,神輿ややぶの行列が笛や太鼓の鳴り物入りでやってくる。玄関に沢山のやぶがやってきて,玄関のしめ縄を切った。家の中に入り,家をお祓いしてくれ,肩にやぶの黄色い竹の棒をかざし,健康安全のお祓いをしてくれる。祝儀を渡し,太鼓の棒の上に手を当て,笛の合図とともに,載せていた手を払うという儀式だった。
やぶのお祓い 注連縄を切る
その後,行列の一行は,道路を下り,空き地がある所へ移動した。何人かのやぶは,力一杯太鼓を打ち鳴らしていた。変わったお面のやぶがいた。赤い顔ではなく,木肌のやぶだったので,少し優しく見えた。
太鼓打ち 白いやぶの面
やぶの一行が帰った後,しばらくして,龍王神社にお参りに行った。99の階段が正面だが,傾いていて,何となく怖い階段だったので,裏側の坂道から上がった。昔は元気よく,階段を上がったが,今は・・・
階段1 階段
境内には,すでに沢山の参拝客が来ていた。町内の米俵の神輿を神社に奉納しようとしていたが,神社の本殿の入り口に構えているやぶが追い返す。
もみ合い1 もみ合い2

もみ合い3 もみ合い4
何度かのもみ合いで,やっと神社の本殿に突入できた。参拝客が多くて,写真もうまく撮れない。
もみ合い5 もみ合い7
幟が沢山立っていた。神社は,高台にあるので,呉の市街や山々がパンノラマのように見える。北は,灰が峰,南は休山と呉湾が見渡せる。
幟 階段と休山 
結構,長くなるので,帰ろうと思い,坂道を下って帰っていたら,もう一組のやぶたちが先ほどと同じく,米俵の奉納でもみ合いをするため,神社に向かっていた。参道には,沢山の露店が並んでいた。帰り道,呉の祭りの名物の「いが餅」を買って帰った。両親がお餅が大好物だったので,帰ってすぐに仏壇にお供えした。
神社に向かうやぶ いが餅
翌朝,注連縄を片付けようと思って,外に出てみたら,ご近所さんが片付けて下さっていたらしい。もう少し,早く起ないといけないのかしらかくして,今年の秋祭りも終わった。
スポンサーサイト




【2018/11/22 20:19】 | 祭り
トラックバック(0) |

祭りは燃えますね
kawaii155cm
いくつになっても祭は心がワクワクする感があります。
昨年は勇気を振り絞って、小学生に混じって祭囃子の笛の練習に10日程、毎晩通い、前夜祭、当日と町内を練り歩くやぶや稚児、お囃子の子どもたちの列に短時間参加させてもらいました。
とっても嬉しかったです。

この団地で育った大学生や専門学校生の若者たちが後輩の小学生に笛の拭き方を教える姿も見ていてうれしかったです。

昨年のお祭は雨の予報で、私はビーチボールを使って大きなテルテル坊主を作って持って行きました。
やはり、雨で、テルテル坊主は団地内を練り歩く神輿の先に飾られて練り歩かれておりました。

今年は10月1日は病院のベッドの上で、退院してからもやはり疲労感があり、笛の練習には参加できず、笛は覚えていましたが、沿道で観させていただきました。

龍王神社のお祭りはとても賑やかだと聞いています。
8月末から10月初旬にかけて呉市中通の街かど市民ギャラリーで呉のやぶ展が開かれていましたね。祭り大好きな知人が観に行くといっていました。

市役所の1階で、いま、今年の各地の祭りの様子が展示されていますよ。
龍王神社の祭りの様子もあったように思います。

私の育った土地の祭りの様子と違うので、呉の祭も面白いです。
どの祭りもやはりワクワクするのは不思議です。
年中食べられるいが餅ですが、祭の日のいが餅はまた、格別な楽しみです。

さて、今日、勤労感謝の日ですが、私は広まちづくりセンターで行われる「教育祭」のブースを一つ担当して、子どもたちに色々な独楽を作って遊んでもらいます。「プラチナ・子ども遊び塾」というブースです。
7階だったと思います。
余力があったら、遊びに来てください。新広駅前ですから。
広は、昔から教育に力を入れておられる土地なのですね。江戸末期の思想家、宇都宮黙霖さんの影響でしょうか。
この教育祭も歴史があるようです。今年、私たちは初参加です。


yasumama
いつもながら勇壮なお祭りですね~。
Yさんもご活躍なさったとか 素晴らしいと思いつつ ここら辺❓?自分は 感心がなくて 悲しい。
元気印の若者が 盛り立ててくれますね~。
99の階段が正面だが,傾いていて,何となく怖い階段・・・って 書いてあるけど つい 少し前は どんな階段でも へっちゃらだったのに なんとなく 億劫に感じてしまう お年頃・・になりつつ?なった感あり~~~~。v-393
用心はしなくっちゃ~。ある友が2週間前に思いっきり転んで 包帯をしてるから プール お休みするって 木曜の事です。
ああ~、つまらない お話しをしてしまいました。楽しく過ごせばお祭りも元気力UPしますね。
明日は お会いできるかな。 大丈夫よねv-411


kawaii155cmさんへ
K.N
e-402祭りは,何となく心ざわつくものがあります。私の近所は,やぶが個別にやってきて,かなりの家が祝儀を出しています。次男は,小学6年生の頃,背が高いのでやぶに出たことがあります。その当時は,まだ,子どもがかなりいたので,集まって笛の練習をしていました。e-343でも,大分前から,子供会も無くなりました。kawaii155cmさんも,色々と参加されていたのですね。今年の10月は入院されていたのですか。介護で忙しいのに色んな事をされて,吃驚です。広の教育祭は初めて聞きました。私はこの処,忙しかったのでe-448風邪を引いて今は家で大人しくしています。宇都宮黙霖さんは,我が家の下の三つ蔵の所に石碑が立っています。1度,見に来られたら良いですよ。e-317

yasumamaさんへ
K.N
v-354結構,こちらのお祭りは賑わっています。小さい頃,やぶが怖くて,それでも見たくて・・・。子どもの時分は,朝早くから,母がお化粧してくれ着物を着せてくれて,花笠など被って,出ていたように記憶しています。当節は,子どもの数が激変し,祭りも段々縮小されています。神社の境内で法被姿のYさんが祭りの世話をされているのに会いました。ホント,龍王神社の階段は、斜めになって少し怖い感じがします。怪我でもしたら大変ですね。今日は,折角の映画,行けなくて残念でした。1昨日の午後位から声が出なくなり,鼻水だらだらで困りました。最近,風邪を引いたことないのですが・・・。インフルエンザの注射も打っていますし・・・。業者が庭の剪定に20・21日と来られて,松の剪定をされている間,v-356私は庭の草抜きをしました。それに今までの疲れも重なったのでしょう。何しろ,軟弱な私ですから・・・。v-388明日は行かれるかしらv-361

コメントを閉じる▲
11月3日(火)は,毎年,地元の秋の小祭がある。家から徒歩10分余りの龍王神社のお祭りだ。2日が宵頃なので,いつも2日の早朝に地域の皆が出て注連縄を飾る。しかし,今年は,1日が日曜日なので,夕方注連縄を張る事にした。因みに,注連縄は,厄や禍を祓う結界の意味があるそうだ。ヤブは,玄関の注連縄を竹の棒で断ち切って,家に入り,厄払いをする。1日に飾った注連縄は,2日の明け方の雨によって,紙垂(しで)が,殆ど落ちてしまった。それで,2日の午後,落ちた紙垂のあとに,残った紙垂を付けて修復した。
紙垂
家の近くへは,例年の如く,ヤブが先導して,祭りの囃子や太鼓がやってきた。ヤブは,玄関の前の注連縄を切って,家の中に入り,厄除けをした。それで,御祝儀を渡した。その後,ヤブの写真を撮らせて貰った。
祝儀のお礼 ヤブ
さらに,太鼓が吊るされている太い棒をヤブが竹の棒で押さえている所に,手を置き,笛の合図と共に手をあげるという儀式もした。
ヤブと囃子と太鼓の一行は,その辺の家を次々と回った。
ヤブが太鼓の棒を押さえている 囃子と太鼓 
しばらくして,龍王神社にお参りに出かけた。途中の道には,出店が沢山出ていて,人出も多かった。神社の正面の100段の階段を上がって行った。
出店1 100階段
階段を上がりきった所に石の鳥居があり,その両側には,沢山の幟が上がっていた。先に,本殿で賽銭をあげてお参りした。
神社鳥居 神社の中
神社では,神に奉納する米俵を載せた神輿が本殿に突入する儀式が始まろうとしていた。ヤブがその神輿を待ちかまえて,竹の棒で押し返そうとする。境内で,何度もそのせめぎ合いが展開される。どちらも必死に頑張っている。
神社に向かうヤブ ヤブと米俵神輿の鬩ぎ合い1

ヤブと米俵神輿の鬩ぎ合い米2 ヤブと米俵神輿の鬩ぎ合い米3
ハイライトの「俵もみ」の神事は,佳境に入り,ヤブは神輿を阻もうと全身に力を込めて,すごく暴れていた。応援する観客もすごく盛り上がっていた。
ヤブと米俵神輿の鬩ぎ合い4 ヤブと米俵神輿の鬩ぎ合い6
とうとう,米俵が本殿に突入した。本殿の中では,激しく太鼓を打つ音がして,胸にずっしり響いた。
ヤブと米俵神輿の鬩ぎ合い7
終わりまで見物して帰宅した。途中,さらに,もう一基の米俵の神輿が神社へ上がって行った。今年は,2つの町内から,米俵の神輿が出たようだ。夜まで,祭りの神事は続いた。平和と五穀豊穣を願って,今年を締めくくる秋の「小祭」も終わった。我が家の息子も,小学5・6年生でヤブになったことがあったなと思い出した。30年位前の話だが・・・。

【2015/11/16 22:31】 | 祭り
トラックバック(0) |


yasumama
なんと賑やかな活気のあふれるお祭りなのですね。
地域のみなさんが協力をなさり もりあげてらっしゃるのですね。
こちらは どうなってるのやら 全然 わかりません。
結構v-447にきてらっしゃる方もありました。私もその仲間・・・です。
盛りあげなくてはと 思いながら 体は他所を向いてては いかないと 知りつつ知りつつv-393
子祭りがすめば・・・1年のしまいがあっという間にやってきますね~v-354

yasumamaさんへ
K.N
v-411毎年,ヤブが沢山出て,暴れます。太鼓と囃子をヤブが先導して,店や家庭を巡り,厄除けをして,祝儀を貰って行きます。以前は,ヤブが酔っぱらって,大騒動になる時がありましたが,介添えの人が付いているので大丈夫です。一番の見所は,神社の境内をヤブが走り回って,米俵の神輿が神社の中に入るのを押し返し,米俵の神輿の方は,何としても入ろうとして,激しいぶっつかり合いがあります。v-356見ている方も一緒になって盛り上がります。来年の小祭りに来て見られますか。 

コメントを閉じる▲