FC2ブログ
時は,過去,現在,未来へとずーと繋がっている。時の変化は,何気なく過ぎ去っていく。時は確実に流れている!
3月3日(金)朝からすごく良い天気で暖かい1日だった。『彼岸日和』だった。いつもは,彼岸の前後に,関西に居住している姉が来てくれて,2人で墓掃除&墓参りをしている。夫の墓,自分の実家の墓,分家の墓の3か所の墓巡りをする。3年前までは,遠縁にあたる家の墓もあり4カ所だったが,遠縁の墓は,自分たちの家の近くに墓を移されたので,1カ所少なくなって,少しは楽になった。墓じまいをされた時は,私も付き合った。まずは,N墓地へ行った。こちらは,坂道で道も狭く,彼岸やお盆の時は離合が難しいので,人が少ない日を選んだり,タクシーを利用してお参りしている。今回は,姉が新型コロナウィルス肺炎の流行のため,新幹線などを利用しない方が良いので,来れなくなり,私が1人で墓に行く事にした。行きはタクシーで行った。良く晴れ渡り,所々に山桜が咲いて,いかにも春らしい景色だった。
青空 山桜
墓の花は,花屋さんで,対に組んで貰って持参した。辺り一面,墓が沢山並んでいて,彼岸なので,お参りに来られている方が多かった。車の方が多いので,墓地までの上り下りは大変そうだった。
お墓 お墓1
帰りは,下り坂なので歩いて帰った。近くには,早咲きの桜,雪柳などが沢山咲いて綺麗だった。
早咲き桜 雪柳
墓地から降りた所は,鶴岡一人記念球場(呉市二河野球場)がある。100m位離れた所の呉市スポーツ会館の一階には,鶴岡一人記念展示室が出来ている。鶴岡 一人(1916年7月27日 - 2000年3月7日)は,広島県呉市東二河通(現:西中央)出身のプロ野球選手(内野手)・監督,野球解説者。初代「ミスターホークス」「ドン鶴岡」とも呼ばれた。南海ホークスの黄金時代を築いた名監督で,日本プロ野球史を代表する指導者の一人。一軍監督として通算1773勝を挙げた実績から,プロ野球史上最多勝監督としても知られる。
鶴岡一人記念球場 鶴岡一人記念展示室
道路を隔てた向側には,日鉄日新製鋼アクアパーク(呉市営プール)がある。かなり老朽化したプールだったが,新たにモダンな建物やプールになっている。夏に孫たちが帰省した時は,何度かプールに連れて行ったことがある。綺麗になったプールに連れて行って遊ばせてやりたい。 
ニッポンスチール ニッシン アクアパーク 子どもプール
ず-と歩いて,母校である中学校の前を通った。私が卒業する時に校舎が壊され,円形校舎に建て替えられたが,私は,円形校舎に入らず,子どもたちがお世話になった。現在は,円形ではなく,普通の形の建物になっていた。
片山中の円形校舎跡
家に帰って,昼食を済ませ,午後は,Y地区の墓に車で出かけようとしている所に,水道の検針器を付け替える人が来たので,やって貰って出かけた。
検針器 検針器取替
Y墓地には,私の実家と分家の墓がある。こちらは,2カ所あるので,結構,時間がかかった。離れた所から,バケツに水を汲んできて,花の活け替え,線香をそなえるなど・・・。草は余り生えていなかったので助かった。
分家の墓
家に帰って気が付いたのだが,自分の実家の墓の写真を撮るのを忘れていた。自然石の大きな墓で,私の曽祖母の可愛い墓もある。お墓をすべて綺麗に掃除し,お参りを済ませたので,気持ちがすっきりした。今度は,7月にお墓掃除に行く予定だ。その時分には,新型コロナウィルス肺炎は,終息しているかしら早く終わって欲しいな,普通の生活が有難いなと,つくづく思った。
スポンサーサイト




【2020/03/23 15:16】 | 墓掃除&お参り
トラックバック(0) |


yasumama
よい事をなさいました。
やっぱり ご先祖様 あっての私達ですね~。
でも なんだか 私 K市にきて 随分 永い年月が過ぎて・・・いろんな事が あったなって しみじみ 考え 涙します。v-409
時代は変わったって ツクズク かんじませんか?

3か所 お詣りになったのですね。
なかなか お花 お水 墓のお掃除 大変??
いつでも ご自分の気持ちで お参り出来て いいですね~。
私のように 誰かが お参りする? では 私もお伴をしましょうか では いけません!
姉がよく言います・自分で バスでも 乗れば いいじゃあないかって・・でも 甘えるんです・・v-390
私・墓を 写真に撮るって いけないかなって 思ったりして・・。
仏壇を 撮るのと 同じよね。

講座 始まるのは 嬉しい・・でも お稽古 今一ってところでしょうか。v-236

yasumamaさんへ
K.N
v-356墓掃除&墓参は,結構大変なので思い立たなくては行けません。今年は1人なので,気合を入れて行きました。草も余り生えていなくて,型通りに終えると,気持ちもすっきりしました。昔,みんなで墓参をしたことを思い出しました。今は亡き親たちに会えた感じがして,懐かしかったです。v-402何十年も昔の思い出です。私は頼る人がいないので,何事も自分で処理しています。墓参,一緒に行ってあげるよという友だちもいますが,自分でできることは自分でしなくては・・・。墓は,写真に撮るのはどうかなと思いましたが,TVなどに画像が出ているので,いいかなと思いました。講座,愈々来月からですね。余り練習していないので,また,ゼロに近いかな。宜しくお願いします。v-388オリンピック,延期みたいですね。この夏は無理みたいですね。

コメントを閉じる▲
今年は,梅雨入りが例年に比べてかなり遅かった。3月と7月と9月は,いつも関西に住んでいる姉が帰省して,2人で墓掃除&墓参に行く。墓は,人家がない淋しい所にあり,何か所も墓巡りをするので誰かが帰省した時に一緒に行く事にしている。姉の家は,築40年位で老朽化して,メンテナンスが必要な所が多いので,7月の初め,リフォームしたので,その工事が終わったのが,7月半ばだったので,姉は,7月17日(水)~19日(金)帰省した。今回は,姉の息子の会社が休みとのことで,息子と一緒に,車で帰省した。18日(木)~19日(金)は,ずーと雨の予報だったので,長道を運転して疲れていると思ったが,7月17日(水)に墓掃除&墓参に行った。
Y地区の2ケの墓,N地区の墓と草を抜き,花を活けて,線香をあげて参りした。今回は,余り草が生えていなかった。Y地区の墓は,我が家の墓と分家の墓の2カ所で今までは,叔母が月1の割合で墓掃除&墓参をしてくれていたが,高齢のため,数年前で引退された。それで,我が家と私の兄・姉と家族で墓に行っている。
矢野墓地 
狭い急な道を上がるN地区の墓は,長い間2カ所あったが,親戚が墓じまいされたので,墓は1か所だけになった。墓地の一番奥まで車で行って,Uターンするので,一度,タイヤが溝に落ちて,車屋さんを呼んで引き上げて貰ったことがある。
呉市営 二河墓園の画像3 脱輪
17日は,幸い,雨は降らなかったがすごく蒸し暑い日だった。3か所の墓掃除&墓参を済ませ,いつもの事ながら,ホッとした。夕食は,牛ステーキとサラダとス-プミネストローネを3人で食べた。いつも写真を撮るのだが,お腹が空いて,思わず知らず食べて,写真を撮るのを忘れた。姉の息子は,体格がBIGなので,大食漢で,ビールも沢山飲んでいた。
7月18日(木)は朝からかなりの雨が降っていた。リビングの3人掛けのソファを直して貰った。ソファの下側の裏打ちした布がぶら下がっていた。それに,iphone の操作の分からない所を少し教えて貰った。甥は,こまめな人で,来たらあちこちと直してくれるので助かっている。昼前から,駅の南側の回転寿司「すし鮮」に行った。
店内
★すしのメニュー (※ 色々食べたが,それぞれ写真は撮らないで,お店のメニューで代替した)
すし鮮 メニュー1 
このシーズンの小鰯の握り,鯵の握りに,骨煎餅なども食べた。
瀬戸内名物にぎり
誕生日の人は,寿司のプレゼントが貰える。随分以前,私も,2度位貰った事がある。プレゼントの内容は違っていたが・・・。
誕生日プレゼント
車で行っていたので,ビールは,飲まないで,早々,家に帰った。夕食は,姉が持ってきた「えび焼売」,「焼小籠包」。姉が作っている野菜を持って来ていたので,色々料理して3人でビールを飲みながら,昔話を交えながら,美味しく食事をした。こちらも,写真を撮っていなかった。
7月19日(金)姉と甥は, 帰って行った。私は,午前中,絵画教室「むさしの会」へ行った。次の墓掃除&墓参は,9月の彼岸になるかな。いずれにしても,姉も私も元気でいなくては・・・。いつまで墓掃除&墓参が出来るかな将来的には,どうするか考えなくては・・・,永代供養のロッカー式の納骨堂,樹木葬など。 8月は,関東に住む兄夫婦が帰省する。また,元気を出して,墓掃除&墓参をしなくては・・・。

【2019/07/20 23:28】 | 墓掃除&お参り
トラックバック(0) |


yasumama
いろんな想いでがちょっとだけ共有する??「すし鮮」なぜか ご一緒させて頂いたのを思い出しました。・・・。そちら様の誕生日の分で・・・。v-318
Oさんもご一緒だったかな~~。どうだったか 定かではないです。
お墓参り キチンとなさって よいですね~。我がやは都合の良い時だけ 年に何回かな~~って感じでお参りさせてもらいます。先日も息子が来た時 お参りする??って言うのでそうしましょう・でした。
だから いつも受け身です・
自分ではいけなくもないと思うけど 行けません。
甥御さん いろんな事 教わったり 手を加えてもらったり 有難い存在ですね。v-221
いつも 思うのですが 次世代はちゃんとしてくれるって 思ってますが??その次はどうなるんだろうって ま、その時は 千の風になってる・・なれませんよね~~。
お昼まえ 選挙に行ったけど もう少し待てば 上がったのに・・でも 腰が 上がらなくなってはいけないから 傘をさしてゆきました。v-410

yasumamaさんへ
K.N
v-377外食好きな姑が存命の時は,みんなで度々,すし鮮に行っていました。そうですね。私たち,みんなで行った時もありました。今回も,他の客が誕生日なのか,何度も太鼓がなって賑やかでした。雨のせいで客は多くなかったですが・・・。
v-388墓参りも,自分が元気なうちは良いですが,加齢で行けなくなるとどうなるのかしらと思います。まず,私たち兄・姉の3人で考えて,次の世代はどうするのか考えなくてはと思っています。業者に委託する,墓の場所・埋葬のスタイルなど色々選択肢はありますが,何しろ,先が見えませんから・・・。樹木希林さんのように「なりゆき」v-361参院選挙も確定しましたね。どうか,これからの日本を考えて,国民にとってベストな政治をやって欲しいですね。v-348

コメントを閉じる▲
例年関西に住んでいる姉が帰省し,3月の彼岸より少し早めに,一緒に墓掃除&お参りをすることにしている。今年は,姉のスケジュールが込んでいて,すごく遅くなった。お彼岸は3月20日だったが,すごく遅れて姉は3月30日(木)に帰省した。この日の午後,私は4カ月に1度の国立病院の診察日だった。それで,病院が済んでから,車で呉駅に迎えに行った。夕食は,以前貰ったタラバカニがあったので,カニ鍋にした。それに姉が家庭菜園で作ったターサイとブロッコリーを持ってきて,野菜たっぷりのおかずを作ってくれた。いつも料理は写真を撮るのだけど,お腹が空いていたのでうっかり忘れた。
3月31日(金)雨風がひどく,気温も低かったので,墓掃除は出来ないので,2人でクレアライン(高速バス)で広島のデパートにショッピングに行った。広島のデパートは,呉のデパートとはすごく違い,目の保養になった。何も買わずに,「これ!良いね」など言ってデパートの中を見て歩いた。昼食は,福屋東館10Fのレストランで食べた。こちらへ来たのは,今度で3度目かな。すごく洒落たレストランだ。パスタのランチセットを食べた。
料理1 料理2

デザート&珈琲
食後は,本通り街を歩いて,広島の物産店を覗いたりして,結局,本通りから,クレアラインに乗って呉まで帰った。一度家に帰り,夕食の準備をして,呉で1軒の映画館ポポロに『この世界の片隅に』を見に行った。呉が舞台で,しかも家の近くなので,姉も懐かしいかなと思い,見ることにした。上映時間は17:20~19:30だった。姉は,終戦の年の7月半ばに生まれているので,身近な話だった。
ポスター
広島出身こうの史代のコミック「この世界の片隅に」を映画化したドラマアニメ。舞台は第2次世界大戦時の広島。主人公の少女すずは,のんびりとした性格の少女。広島市に生まれ育ち,兄,すず,妹の三人兄弟。しっかり者の兄からはいつも鈍いと怒られてばかりだった。
海苔を売る
実はすずは手先が器用で絵を描くのが得意だった。鉛筆が握れないほど小さくなるまで絵を夢中になって描いているような少女時代を過ごした。
絵を描く1
ある日,北條周作という青年が父親と共に呉から広島市のすずの実家に訪れる。幼少時代に,すずと一度会ったことがあり,その際に一目惚れをし,結婚を申し込みに来たのだった。すずはあまり気乗りはしていなかったものの,周りの勧めもあり,呉へと嫁ぐことを決める。嫁ぎ先の北條家では優しい父,病弱な母,周作,すずの4人で過ごしていた。
結婚 北條家での食卓
途中から周作の姉である径子が娘の晴美を連れて戻ってくる。嫁ぎ先の義実家とうまくいかず戻ってきたという。径子はすずとまさに真逆な性格でテキパキと行動し,鈍臭いすずには絶えず小言を言っていた。
義姉が出戻る
しかし,娘の晴美とすずはとても仲が良く,ふたりでよく遊んでいた。戦時中のため,決して裕福な生活とは言えなかったが,晴美は軍艦が好きだったので,すずが軍艦の絵を描いてあげるなどささやかに楽しい生活を送っていた。
姪と一緒 軍艦 

空襲

次第に空襲警報も増え,呉も空襲に怯えながら防空壕に逃げ込む回数も増えていった。そんな中,義父が空襲のせいで怪我をしてしまう。すずと晴美は義父のお見舞いに病院に行くが,その帰り道にまた空襲警報が鳴る。
原画
近場の防空壕に飛び込み、すずは晴美を勇敢に守っていたが,防空壕から出た直後,埋もれていた不発弾に晴美が被弾してしまい死んでしまう。
すずも,晴美と繋いでいた右手を失ってしまう。大切にしていた晴美と右手を同時に失った喪失感,晴美の母親である径子から責められる日々ですずは死にたくなってしまう。
右手を失う
空襲警報が鳴っても外にいたところ、周作がすずを見つけ、命がけで守ってくれる。広島に帰ろう,そう思っていた頃,広島市に原爆が投下される。原爆投下から数日が経ち,広島市の様子を見るために広島市に周作と共に帰省するが,そこには変わり果てた故郷があった。そのとき,右手がないすずを見て,少女が母親だと思い込み近寄ってきた。すずと周作は戦争孤児になってしまった少女を引き連れて呉へと帰り,新たな生活を始めようとする,そして物語は幕を閉じる。
映画の中で,戦時中の食事の事が色々出てきた。配給でも段々足りなくなり,畑を耕し,野草などを取ったり,料理法を工夫したりして,家族の食事を作る。私の母も,戦争中の食べ物のことを良く話してくれていた。糠団子,トウモロコシ,芋の蔓など。
畑仕事 食材

食事の下準備 食事の支度
『この世界の片隅に』は第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞受賞に輝いた。映画評論家によると,草の根運動で始まり,公開時の劇場数もテレビ露出も少なく,路肩のたんぽぽのようにひっそり咲いた。だが,観た人は笑い,怒り,泣いた。見る度に新しい発見と疑問が生まれた。戦艦大和は?工廠に向かった女学生たちは?遊郭の女性は?広島の商店街の人々は?
繁華街 朝日町
草1本,虫1匹まで緻密で膨大な考証で徹底的に再現することで大戦末期の世界そのものを実在させた。その中で,観客がすずと共に「生きる」ように。
4月1日(土)午前中,太極拳講座に行く。12:00過ぎに家に帰り,昼食を食べて車で,Y町と呉のN墓地の3カ所の墓に行った。彼岸も過ぎているので,墓参りしている人は殆どいなかった。お天気も良くて無事墓掃除&お参りも済んで良かった。
墓 墓1
夕食は,すき焼きをして2人で美味しく食べた。4月2日(日)に姉は,自分の家に帰って行った。月火は,ピアノのレッスンをするので,忙しいようだ。墓は,人家のない淋しい所なので,1人では心細いが,姉と2人で行けば心強い。今度は,7月の初め頃に来るとの事だった。お墓が綺麗になって,気持ちもすがすがしくなった。

【2017/04/02 22:18】 | 墓掃除&お参り
トラックバック(0) |


yasumama
今日は やっと暖か~い気持ちよい日を過ごせる感じの日でした。こんな日は気分も良くv-447も気持ちよく泳げて 気分upでしたが又日曜あたりからi-3みたいですね~。

姉上様と楽しい日を過ごされてなんとなく・・甘えて、らっしゃる・・か・なって 感じます。いいですね~~。
野菜たっぷりのメニュー・見せていただきたかったです。
BSテレビで京都とかいろんな所を紹介してますけど・・適当なのは みあたりませんかね~。何度行ってもしっかり覚えてないのはなんとした事でしょう。v-393復習・・できないです、拳を回すのは 解ればなんじゃあ~ですけど 途中までしか回してないのでした。 他のつなぎは??です。


yasumama
昨年は4月2日にお花見 行ったのですね。振り返ってみたら そう 書いてあるから そうなのかな~。満開状態ですね。今年の今日は まだみたいですよ。v-266

一安心ですね
kawaii155cm
そうですね。お墓参りをすると気になっていたことが心の中から消えていくような、ほっと一安心した感じをいつも持ちます。私も毎年数回、岡山の総社市にあるお墓と実家のお墓にお参りに行きます。
姉妹っていいですね。若い頃は皆忙しく、盆正月くらいしか会えませんでしたが、最近は月に1度は会うようにしています。思い出話に花が咲きますね。そして、元気になりますよね。
こうの史代さんは義妹の大学時代の友だちでこちらに来られた時はいつも義妹はこうのさんと一緒に食事に出かけます。義妹もマンガを描くのが好きで、気が合うようです。
昨年は呉美術館でこうのさんの『この世界の片隅に』の展示がありましたね。美術館からの依頼で、すずさんが着物をリメイクして作っていたモンペを生徒さんと一緒にマンガから型紙を起こして、商工会議所からもらった着物でリメイクして3着作り、美術館に展示していただきました。生徒さんは中国新聞社のインタビューに答え、新聞にも載りました。また、戦時中の食事の再現の依頼もあり、マンガにないものを作ってほしいと言われ、苦戦しました。こうのさんの細かい観察力や研究はすごいです。50歳代後半で戦争体験もない方なのに。先日、呉の『この世界の片隅に』の舞台になった地域のツアーもありましたね。残念ながら、参加することができませんでした。
K.Nさんはアクティブで楽しい時間を過ごされましたね。


yasumamaさんへ
K.N
[undefined:e-113]今年は,桜の開花が遅かったですが,やっと今週は満開になる事でしょう。でも,また,お天気は下り坂みたいですね。「花に嵐」とはよく言ったものです。花見にも行きたいですが,なかなかタイミングが合いませんね。blogに書いていいたら,そうだったなと思い出しますが,1年経つと意外と忘れています。花たちは,季節を忘れず,自然に合わせて,咲いていくれます。出来れば,もう少し長い期間咲いて欲しいなといったところです。姉も花絵御一杯育てているそうです。孫式太極拳38式,どうしてこんなに覚えられないのかしらと思います。[undefined:v-404]やはり,加齢現象なんでしょうね。暖かくなったので,本気で覚えなくては・・・。復習された箇所,教えてくださいね。[undefined:v-398]

kawaii155cmさんへ
K.N
[undefined:v-354]私は姉と1年に3回墓掃除&お参りをします。遠方に住んでいるので,度々は来れません。それにactiveなタイプなので,色々な事をして妹の私より元気です。2人で,「いつまで墓掃除に来れるかしら・・・?。どこの墓に入るのが良いかしら?」など,話ました。息子たちの代になると,遠方なのでどうなるか・・・分かりません。出来るだけ,墓掃除に来ようということしか言えません。今を精一杯生きなくては・・・。「この世界の片隅に」は,我が家の割と近くが舞台になっていますが,姉は,結婚して50年近くなり,遠方に出ているので分からないと言っていました。私は,長く住んでいるので,馴染み深い場所です。こうの史代さん,TVで拝見しましたが,素敵な方ですね。高校生が戦時中の食事やモンペを作ったというのを新聞で見ました。kawaii155cmさんが指導されたのですか。私は,小さい頃から母に戦時中の話を色々聞かされて大きくなりました。母が生きているうちに,もっと色々なことを聞いておくべきだったと今頃になって思っています。怪我をした歯と右膝,もう少しかかりそうです。[undefined:v-390]ドジな私です。

コメントを閉じる▲
連日,真夏日の暑い毎日で,何もする気がしないが,今年もお盆が近づいてきたので,あれこれしておかなくては・・・。8月4日(木)には,関東に住んでいる兄夫婦が,墓掃除&墓参りに帰省する。それで,『墓掃除&墓参りグッズ』を点検し,補充をした。いつでも墓参りに行けるように,常時,袋に入れている。墓グッズの中身は,線香,ライター,ろうそく,ハサミ,ゴミ袋,墓の花入れを掃除するもの(百均で運動靴を洗うタワシを買ている),草抜き,除草剤,バケツなど・・・。墓の花は,近所の花屋さんで,いつもセットにして注文する。4ヶ所の墓に行くので,4日に持って来て貰うようにした。花代も5~6000円位で結構かかる。
お盆の花
車に,それらを積んで出かける。道路や駐車が込み合わないように,お盆より少し早めに行く事にしている。墓掃除&墓参りは,姉と私は,3月,7月,9月に行き,兄夫婦と私と息子たちは,8月のお盆に行く事にしている。
数日前に,仏壇の掃除をして,菓子とほおずきをお供えした。ほおずきは,夏場,気温が高いし,仏壇が2Fにあるので,花を供えてもすぐに枯れてしまうので,数年前から,ほおずきを供えることにした。『ほおずき』は,迎え火や提灯の意味があり,また,農作物が余りとれなかった時代に,お供え物が不足していたので,ほおずきを供えていたそうだ。ネットで調べたら,ほおずきをこんな感じに飾る所もあるようだ。
仏壇 ほおずき飾り1
ほおずきに関連してだけど,キュウリ(馬)やなす(牛)などもお供えするみたいだ。これは,精霊馬と言って,お盆の時期に,ご先祖様の移動に使う。因みに,一刻も早く帰って来れるように,足の早い馬を,少しでも,ゆっくり戻って欲しいので,足の遅い牛をお供えするそうだ。これは,『初耳』だった。
茄子ときゅうり
夏場,仏壇の花は長持ちしないので,造花ではなくて,薬剤処理して枯れないようにした“ブリザードフラワー”を仏壇の花にしている家も結構あるようだ。ブリザードフラワーは少し値段が高いが,花屋さんに注文することにしよう。
仏壇にブリザードの花
8月3日(水)は,お盆の灯籠を出して飾った。1年に1度なので,組み立て方もどうだったかなって感じだった。
お盆の燈籠
明日は,兄夫婦が来るので,魚や肉や野菜を買って,一緒に夕食を食べることにしている。11日(木)からと,13日(土)からは,それぞれ息子たちが家族と一緒に帰省する。孫も大きくなって,みんなで久々に賑やかなお盆になりそうだ。バーゲンだったので孫の服を買い,例年の如く,花火も買って用意している。今年も,みんな元気で帰省して欲しいネ。ご馳走の準備をしなくては・・・。

【2016/08/04 10:25】 | 墓掃除&お参り
トラックバック(0) |


yasumama
いいですね~~~。花火を用意して・・・って。我が家など 用意してた花火は 10年くらい前から 使わないので どう 処理したほうがよいのやら・・なんとか処分しましょ。

今年のほおずきは綺麗な赤色がかわいいです。いつも よい事を教えてくださったと感謝したいます。v-410

はいはい、では わたくしも 盆灯籠・・・組み立てに 3Fにあがりましょう。横着者に号令をかけてただいたみたいで やってきます。

ご先祖様に申訳ないけど お花も・・・結構 かかりますね。 私は1か所だけだから 2,000・・位かな。12日に息子一家がお参りしてくれるそうです。
そちら様は大人数で楽しみ・・わがやは 多分 今回は3人+私・・暑い 暑いですね~~。v-356


yasumama
2便
 400個人メドレー やっぱり萩野公介選手って  すご~~~い。
 瀬戸選手 ワンツウフイニッシュできなかったけ ど 3位 嬉しいな。 
       お邪魔様

yasumamaさんへ
K.N
v-351仏壇の花,ほおずきが良いけど,ブリザードフラワーも最近増えているそうです。今度,近場の花屋さんで作って貰おうと思っています。1対で1・2万円位で値段は高いですが,5年位はもつそうです。しない時は,セロファンで包んでおくと多そうです。盆灯籠を飾って,墓掃除も済ませると,お盆が近いなって感じがします。N墓地の方,お盆は車も人も多いので,タクシーで行く事にしてます。車ではとても・・・。v-3886日に兄夫婦は,兄嫁の実家に行ったのですが,お盆ウィークは,息子たちが帰省して賑やかになります。リオ五輪,試合結果がボチボチ出ていますね。水泳は金と銅メダルで良かったですね。v-3158月20日は,親戚の叔母の49日でまた,太極拳講座に行けないかも・・・。

コメントを閉じる▲
3月5日(土)関西に住んでいる姉が,年に数回帰省し,今回も一緒に「墓掃除&お参り」をした。午前中,私は太極拳講座を済ませて急いで帰宅し,昼食を食べて,駅まで姉を迎えに行った。翌6日(日)は雨が降るという天気予報なので,5日中に「墓掃除&お参り」を済ませようと,車に墓グッズと花を摘んで,呉駅で姉を乗せてそのまま,墓に直行した。1・2か所は,車で30分位の所で,私の実家の墓と分家の墓がある。比較的暖かな冬だったので,草もあちこち生えていた。草抜きをし,花を活けて,線香をあげてお参りした。最後は,除草剤を散布した。度々,お墓に行けないので,夏場はどうしても除草剤を播かないと草取りが大変だ。環境に負荷を与えるけど・・・仕方ない。月1回お墓に行っていた分家の叔母も90歳近くなり,行けなくなった。姉と「私たちもいずれそんな時が来るね」と話した。
墓
3・4カ所は,家から車で15分位の所で,私の婚家先の墓と遠縁の家の墓。1年前,墓地で車の方向転換をしていて,タイヤが溝に嵌って,車屋さんに来て貰って引き揚げて貰った苦い経験があるので,今回は,慎重に方向転換した。
溝にはまる
こちらの墓も,同様に「墓掃除&お参り」をした。計4ヶ所の墓めぐりをしてホッとした。夕食は,姉が色々持参してくれた野菜で料理をしてくれ,私がステーキを焼いてビールも飲んでお喋りしながら,美味しく食事をした。そこまでは良かったが,私は夜お腹の調子が悪くなって,下痢をし,6日(日)の朝,嘔吐をした。いつもお腹は丈夫なので,どうして悪くなったのか分からない。雨も降っていたので,食事も摂らずに,1日中寝ていた。夕食は,食欲がなかったが,レトルトのおかゆを食べた。熱も無く,以後は体調も落ちついた。一緒に食事した姉は,何ともなかったので,食当たりではなさそうだ。最近,何かと忙しくしていたので,疲れかも・・・。でも,早く治って良かった。
7日(月)は,毎週通院している近場の病院で血液検査の結果を聞き,いつもの注射をして薬を貰った。おまけに,骨密度測定もしたが,意外にも,骨粗鬆症になりかけていた。今まで,骨密度には自信があったのに・・・どうして。お天気も良かったので,広島県立美術館へ,「第62回日本伝統工芸展」を見に行く事にした。日本伝統工芸展に入選された知人から,少し前にチケットを戴いていたので,丁度良い機会なので,姉と一緒に行った。
ポスター
こちらは,長くなるので,次回投稿する。7日(月)は,広島県立美術館→福屋広島駅前店を巡り,夕方帰宅した。歩数は,13,000歩余りだった。体調が悪かったのに,これだけ歩けば,もう大丈夫,安心した。
8日(火)姉は朝,関西に帰って行った。私は,洗濯・掃除と布団などの片付けなどで,忙しい1日だった。そうそう,5日からずーと家の鍵を何処へおいたか分からなくて,あちこち探したがなかなか見つからなかった。掃除をしていると,太極拳講座に持参している袋の中から,鍵を発見。気持ちもすっきりして,元気が出た。認知症かもと心配したが,そうでなくて良かった。もっとも,今年の1月に脳ドッグ(MRI検査)を受けて,異常無しだったから安心していたのだけど・・・。
MRI検査
加齢とともに,色んなことを心配するようになった。姉とは,1歳半違いだけど,姉は活動的ですごく元気だ。2人で毎年海外旅行へ行っていたが,昨年は,海外の治安が良くないようなので国内旅行に行った。今年も,元気で2人で旅行に行こうと言って,姉と別れた。次回の「墓掃除&お参り」は,6月末か7月初めだ。その頃には,また,草がしっかり生えていることだろう。ご先祖様があっての私たちだから,大儀くても,これからも出来る限り頑張ろう。若者が都会に出て,地方はどんどん過疎になり,家は勿論,墓も守れなくなっている実情があるようだ。これからのことをどうしたらいいのかそろそろ考えなくては・・・。考えても無駄かしら

【2016/03/09 10:57】 | 墓掃除&お参り
トラックバック(0) |


yasumama
おやおや体調、そんなに お悪かったのですか~。でも すぐに治られてよかったです。v-217読んでて キャハーと・・・・・v-393k・Nさんでもたまにはそんな事あるのですか。でも 何事も無事解決して・・・。
そうですね~、そのうちお墓参りもできなくなる??かも・・まあ、なが~~い先の話ですね。
我が家も明日?明後日?息子たちがお参りにくるとか 先ほど お嫁さんからv-213がありました・・・。急にです~。
考えて考えても・・・なかなか よい答えはみつかりそうにもありません・・・。v-354

yasumamaさんへ
K.N
v-388お腹が丈夫なのが取り柄の私ですが,何の予兆も無く,1回下痢と嘔吐がありました。その後は,別段変わったことないのですが・・・。疲れていたのでは・・・。彼岸の墓参りが終わったので,安心しました。今年は,遠縁の墓を自分たちの所に持って行くと言われたので,1カ所減るので少しは楽になりそうです。日本中,地方の過疎で,家や土地だけでなく,墓も放置されていますね。都会へ一極集中で故郷に帰る者がいなくなるので,淋しい限りですね。どうなるのかしらね。v-390

コメントを閉じる▲