FC2ブログ
時は,過去,現在,未来へとずーと繋がっている。時の変化は,何気なく過ぎ去っていく。時は確実に流れている!
今年の冬は,例年に比べ,暖冬だった。そのせいか,今まで咲かなかった花も沢山咲いた。まず,4月に咲いた色んなチューリップから紹介する。
チュリップ(赤・ピンク・黄・白・紫など)3月には,赤色の小ぶりなチューリップとチューリップの原種のライラックチューリップが咲いた。最初,今年はチューリップがあまり咲かないなと思っていたが,あちこちでどんどん開花し,吃驚した。
チューリップ&マラコイデス チュリップ&オダマキ&金魚草
紫色のチューリップは,2本咲いた。黄色は1本,白は2本咲いた。
サーモンピンクのチューリップ 紫のチューリップ

ピンクの八重のチューリップ 八重のピンクのチューリップ
水仙も色んな種類が咲いた。(黄色・白・八重・変り咲き) 原種のペチコート水仙
原種の水仙ペチコート水仙
八重咲きの水仙(花色は白・黄色で,八重の花びらの間に,色んな色の小さい花びら様のものが点在している)。白で一重だが,中心がオレンジ・黄色・白など色んな色だった)
八重の黄色の水仙 中心がオレンジ色の水仙 
★その他  アリッサム・オダマキ(2種)
アリッサム オダマキ
白いカラー大きくて,沢山咲いた。 キスゲ(沢山蕾が付いている。
カラー キスゲ
スパラキシス(鮮やかな花色の花が沢山咲く)今年は,草丈も長い。
スパラキシス赤 スパラキシス
ダッチアイリス(紫・黄色が咲いた)。 タツナミソウ(白色もある。種が飛んであちこちにすごく沢山芽が出ている)
ダッチアイリス タツナミソウ
ジャンボ松葉菊(長崎旅行で道端に生えているのを持って帰って挿したのが定着。ポルトガルのヨーロッパ大陸最西端のロカ岬には一面,黄色の花が咲いていた) 
ジャンボマツバギク ルリマツリ
球根つりがね草・君子蘭(東京から帰って,何十年も咲かなかったが,冬に温室に入れていたら,初めて咲いた。今までは寒すぎて,日照も不足していたのかも・・・)
球根釣鐘草 君子蘭
デモルフォセカ(もう何年も咲いている)・ニゲラ(繊細で優雅な花,近所のスーパーで買った)
デモルフォセカ ニゲラ
ホタル袋(鳥が飛んできて運んだものらしい)・姫ヒオウギ(種があちこちに飛び,抜くのが大変な位だ。花は可憐で可愛い)
ホタル袋 姫ヒオウギ
穂咲きの桜草・紅白の日本桜草(近所の方から頂くき,毎年咲いている。夏場は,葉っぱが無くなるので,鉢植えにして冷暗所に置いている)
穂咲きの桜草 紅白の日本桜草
イースターパレード(我が家にあっているのか,毎年この時期に盛大に咲いている)・シンピジューム(前回は,ピンクのシンピジュームを紹介している)
洋ラン シンピジューム
3年前に「母の日のプレゼント」に息子たちから貰った紅白ミニバラ,毎年咲いているが,今年はすごく沢山咲いた。今年の「母の日のプレゼント」のカーネーション。大切に育てなくては・・・。
紅白ミニバラ 母の日カーネーション
40年近く前に,今は亡き私の母に孫たちがプレゼントとして贈った「こでまり」。ご近所にいつも綺麗に咲いている真っ赤な大輪の椿,挿し木をしたがちゃんと付くかしら
こでまり 真っ赤な椿
母がロージンホームに入所し,私がリタイアして,母の好きだった花を育てている。加齢とともに,少しずつ重いものを持つのがしんどくなってきたが,綺麗な花が咲くのが楽しみで止められない。最近は,気温も上がり,夏の花が咲き始めている。また,2か月後位には,また,別の花が咲いていることだろう。頑張って、水遣りをしなくては・・・。
スポンサーサイト




【2019/05/21 22:45】 | 未分類
トラックバック(0) |


yasumama
おはよ~さんです。
お見事・・・v-218
4月からの花々 チュリップも素敵です。
40年前からの母上様に孫様からのお花を 伝承しておられるって 驚きです。
水仙もいろいろ あるって 仰ってましたけど 成程ってこれも 驚きです。
すべてのお花とのかかわり 相性ピッタリっていうか 愛情をかけてらっしゃるのが 感じられます。v-354
はてさて 私は どうしたものやら・・・紫陽花・・じっと 見つめてるだけでは いけないと思いつつ 思いつつ この柔らかな陽ざし なぜか 年末に買ったのや1か月前に買った名前を教えてもらったお花が 嬉しそうに 育ってるのが 我ながら 不思議です。v-410

かわいいですね
kawaii155cm
本当に、大切に育てられているのがわかります。
雨の少なかった春先、植え物が枯れてしまっているお庭も見かけますが、K.Nさんのお庭は花盛りですね。かわいく、美しいです。ひとつずつ名前もよくわかります。
カーネーションも植えてみたい花ですが、まだ、手に入れていません。
K.Nさんにいただいたジャーマンカモミールを畑に植えて育てています。両手で抱えられないほどの大株に成長し、次々に開花する花を摘んで陰干しにし,お茶にしていただいています。いい香りです。
我家の庭は夏野菜や花たちの種を植えたポットが並んで、朝、夕に様子を見ながら水やりをしています。近所の方にソウメンウリの苗を差し上げました。
来週には、夏の収穫を想像しながら畑に植えて、その成長を楽しみたいと思います。
そうしていると、サツキの剪定も待ってくれません。忙しくなります。

yasumamaさんへ
K.N
v-254今年は3・4・5月,いつも花一杯の庭でした。今回紹介した花以外にも,咲いている花もあります。毎日の世話や水遣りは大変ですが,花の魅力には勝てません。チューリップなどの時期は過ぎましたが,現在は,バラが咲き始めました。知らない間に蕾が付いていたりして・・・。特に可愛いのは,ミニの白・ピンク・赤が入り混じって咲くバラです。今が一番見ごろです。v-315他のバラは,これから開花します。yasumamaさん宅の孔雀サボテンは赤ですが,こちらはピンクが5輪咲いています。花の持ちも4・5日と長く咲いています。赤は,もうすぐ咲きますが,ピンクは優しい花色です。2・3日前に雨が降ったので,少し生き返った感じです。良かったら,見に来てください。

kawaii155cmさんへ
K.N
v-278五月晴れのお天気で,庭の花たちも一斉に活動を開始したようです。周りの山々もすっか若葉です。今年は,5月だというのに,真夏日だったり,日本もすっかり亜熱帯になったのでしょうね。屋久島など,吃驚するような雨量だったりして・・・。植物も,レイシやマンゴーやアボカドなども日本で出来るようですね。花も気温や日照の変化を諸に受けているようです。もう咲いて,終わったの?って感じのものもあります。今年は例年になく多くの花が咲きました。今は,球根を堀上げて,夏の花の苗を植えています。水遣りが大変だから,暑さに強いものを植えています。kawaii155cmさんとこは畑を作られているので大変ですね。草抜きが間に合わないでしょう。今は大変ですが,秋には実りをもたらしてくれることでしょう。楽しみですねv-356

コメントを閉じる▲
昼間は,天気が良いと少し暑い位だが,朝晩,すっかり肌寒くなった。紅葉には,少し早いが,季節は,すっかり,秋色に変わってきている。最近は,夏の花を取り除き,来春に向けてチューリッピやヒヤシンスなどの球根類に植え替えている。まだ,しっかり咲いているものは残しているが,枯れたものも多々ある。今年の夏は,例年に比べ,猛暑,大雨,台風など,植物にとっても厳しい季節だった。それに,野良猫が来て,排泄物を所構わずまき散らし,ホントに困った。猫対策のグッズや忌避剤なども余り効果がなかった。すっかり枯れてしまったさつき。他の花も段々に枯れてしまうものもあった。
枯れたさつき 猫ウンチ
現在,何とか咲いている花は・・・。オキシペンタラム,バラ
オキシペンタラム バラ
ランタナ,筆らん
ランタナ 筆らん
ネリネ,花が1本に10個付いていて,ピンクの可愛い花。
ネリネ ネリネ2
ジンジャーは,白い花と黄色の花が咲いた。白色の方は,香りが良い。黄色の方は,花が大きく豪華だ。
白色ジンジャー 黄色ジンジャー
洋ランも急に花芽が出て5個位咲いた。名前は,忘れたが,ミニアイリスの種類。家の中から写真を撮ったので逆光だったり,辺りがすっきりしていないので,うまく撮れていない。
ミニカトレア1 ミニカトレア2
コスモス,昨年は綺麗に咲いたが,猛暑で水が切れたりして,最後は,うどん粉病に罹ったものもあり,残念だった。
コスモス
この処,忙しくしていたが,ミニアイリス(水色・紫色),赤い少し小さなチューリップ,ヒヤシンス,アリウムなどを植えた。来春は,綺麗な花が咲くことを願っている。旅行から帰って本格的に球根類を植える積もりだ。庭の剪定,草抜きなどもかなりしたが,まだまだやることがいっぱいだ。10月20日(土)は太極拳講座が休みだったので,近場の友だちと,昼食を食べに行った。品数,味共に申し分なく,美味しく頂いた。メイン料理は,カキフライだった。
昼食
忙中閑ありの午後だった。

【2018/10/23 14:39】 | 未分類
トラックバック(0) |

四季折々の美しいお庭
kawaii155cm
開花すると見ごたえのあるさつきでしょうが、枯れてしまったのですね。ネコちゃんにはこまりますねぇ。我が家は家猫ですが、ネコちゃんトイレの掃除は毎日欠かせませんから、K.Nさんのお庭に親子してやってくる猫の排泄物の片づけや爪とぎをさせない工夫など、もう、勘弁して!と声が聞こえるようです。
「勝手にはえてくるのよ。」といつも花々をいただき嬉しいです。ホトトギスも根づいて今年も頑張っています。本当に上手に育てられていますね。
知らない植物もたくさんありますね。筆ランを見せていただきたいです。
そして、よく知っているものもレイアウトがいいから見栄えがするし、見せてもらうたびに綺麗だなぁと思います。
チューリップも植え時なのですね。
昨年は植えっぱなしだったので、今週末くらいにプランターをひっくり返して、植え替えをしてみます。小さな球根がたくさんありそうです。

kawaii155cmさんへ
K.N
v-35今年は,夏に手術をしているので,庭の手入れは控えめにしています。左手は,重いものを持たないようにと言われているからです。それに,悪天候,猫,バッタ,テントウムシダマシなど,思ったように咲いていません。猫は,猫を寄せ付けない装置を1~3万位でネットに出ていたので,それを買っても良いかなと思っています。今年中に球根を植えると,余り花壇の世話をしなくて済むので,一息ですが・・・。2種類のジンジャーとミニカトレアは,良かったなと思っています。今度,こちらのお店で,昼食をご一緒しませんか。v-271

コメントを閉じる▲
7月4日(月)少し前に絵画教室「むさしの会」で,『2016年度呉美術協会会員展』のチケットを戴いていたが,忙しくしていたら,最終日になっていて,慌てて呉市立美術館へ行った。出品目録を貰って作品を見せて貰う。
美術館入口 出品目録
出品目録に従って,知人や名前を知っている先生などの作品を紹介する。
【日本画部】「須佐之男命」,「晨光」
加藤寛二「須佐之男命」 島田戴造「晨光」
「すすき野」,「さねかずら」
清田公子「すすき野」 田川早百合「さねかずら」
「旅立ち」
福原匠一「旅立ち」
【洋画部】「縄文の詩」,浜辺の一隅」
岡本俊寛「縄文の詩」 越智泰三「浜辺の一隅」
「Portopia」,「早朝のベネチア」
角 喜久子「Portopia」 田辺伝「早朝のベネチア」
「呉湾慕情」,「秋の大山」
外村則之「呉湾慕情」 中田規之子「秋の大山」
「雨の日の国道185号」,「ある日」
開内和子「雨の日の国道185号」 星加哲男「ある日」
「回想」,「記憶の中の街」
松本尚美「回想」 三好千世子「記憶の中の街」
昨年亡くなられた会員の作品も展示されていた。
物故者の作品
【彫刻・書道部】
書道・彫刻

                書道1
【美術工芸部】 「黙示」,「青白釉皿」
古庵千恵子「黙示」 矢野國夫「青白釉皿」
「私のストライク」
山本俊子「私のストライク!」
【写真部】
写真
7年前に亡くなった姑も呉美術協会の会員になっていたので,度々見に来ていた。今年は,日本画・洋画・彫刻・美術工芸・書道・写真の6部門で176点出品されていた。創立70年で176名余りの会員になっているのかな?ネットで調べると,会員数は259名とあるので,出品出来ない人もいるのかなそれぞれの方の個性が豊かに感じられる作品ばかりで,楽しく拝見させて戴いた。毎回の事ながら,絵を描く時の参考にもなった。

【2016/07/10 19:55】 | 未分類
トラックバック(0) |


yasumama
もう、7年になられますか~v-395
母姑様、それに続く k・Nさん・・・喜んでらっしゃるだろうなって 思います。
なかなか そう できない悲しさ・・・才能を秘めてらっしゃったのですね~。v-354
お知り合いの方の作品もたくさん おありとか 一層 心に響きます。そして 吸収して行かれるって事も素晴らしいですね。v-221

昨日はお世話になりました。無縁のものと 思っていましたが 絵心に触れさせていただき 感謝しております。v-318

yasumamaさんへ
K.N
v-353「歳月は人を待たず」ですね。無情にも時はどんどん過ぎ去っていきます。姑は,長い間,油絵を習っていたので,県美展,市美展など出していました。v-233海外旅行も数え切れないほど行ってました。私もそんな姑に誘われて,色んな絵画展などに行っていました。他の人の絵を見て批評するのは簡単ですが,自分が描く時になると,なかなか難しいことに気付かされます。それで,知った方も沢山います。v-278一昨日は,お天気にも恵まれ,4人揃って楽しい時間を過ごせました。いつまでも元気でみんなで,あちこちしたいですね。v-410

コメントを閉じる▲
2月に入ってから,1年間集めていた領収書や証明書などを基に確定申告の準備をした。例年,必要事項をパソコンに入力して,確定申告を印刷。領収書なども所定の用紙に貼って,税務署に持参し提出することにしている。父が亡くなってから,母の代行で20年余り,ずーと確定申告をしてきた。母が亡くなってからは,今度は数年間,私自身の確定申告をしている。僅かな所得税を納めるのだが,結構,面倒だ。2月17日から「確定申告」が始まったので,初日に申告書を持参した。税務署は,今年から,新築された合同庁舎に入り,家から,随分近くなり,今までの2/3位の距離になった。灰が峰の山頂にはまだ雪が積もっていて寒い日だったが,歩いて税務署まで行った。
合同庁舎入口 合同庁舎
玄関の所に,確定申告は,3Fだと書かれていたので,エレベータで昇った。10:30位だったが,受付には,すでに沢山の申告者が来ていて,長い列ができていた。
案内掲示と行列 行列
各自が持参している申告書を入口でチェックする職員がいて,新しく導入された東日本復興特別所特税が記入されているかどうか点検していた。この「復興特別所得税」は,東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源を確保する為,2011年に創設された。2013年~2037年までの各年分の確定申告について,所得税と復興特別所得税を併せて申告しなければならなくなった。復興特別所得税額の計算式は,復興特別所得税額 = 基準所得税額 × 2.1%となっている。それで,例年より納税額が増えた。税務署には,申告書類や提出する申告書を入れるボックスなども用意されていた。私は,パソコンで申告書を作成し,「控え」まで印刷していたので,このボックスに入れて帰れば良かったが,一応並んで提出した。
書類 文書収受箱
帰りは,市庁舎の建て替え工事の様子を外から見て,写真に撮った。現庁舎は,1962年4月に建築され, 51年を経過している。鉄筋の耐用年数からすると過ぎているが,最近,外部塗装などの工事をしている。2012年3月,2014年末の完成をめざす新庁舎のイメージ図を盛り込んだ基本設計の中間報告が出された。免震構造で9階建ての庁舎と隣接する議会棟や市民ホールを低層階で連結。旧海軍呉鎮守府庁舎など呉ゆかりの建物をモチーフに倉橋島産の桜御影石を使うそうだ。5月までに総事業費などを示した基本設計をまとめ,最大150億円を見込んでいるとの事。
新市庁舎模型
2度の入札不調に続き,反対運動も起きた。今も「豪華すぎる設備」と不満がくすぶっている。11月に開会した定例会では,防犯カメラを249台設置する計画も,他都市と比べ,破格に多い台数と批判が出ている。市は新庁舎を防災拠点と位置付け,巨額の事業費も省エネ構造で回収できるとしている。3度目の入札で,やっと五洋建設が落札した。予定価格を初回より13億2300万円引き上げ,136億8150万円となった。現庁舎の解体費用なども含めた総事業費は150億円を超え,中国地方では最高額。当初計画より9カ月遅れの2015年12月末完成予定だそうだ。震災復興や安倍政権が進める経済政策などで資材や人件費が高騰した事が原因だそうだ。工事の様子は,外からも見えるようになっていてこんな感じだった。
新市庁舎建設中1 新市庁舎建設中2
新市庁舎建設中3 新市庁舎建設中4
外から見ると,白い大きなフェンスが張り巡らされ,所々,透明ビニールになっているので,工事の様子が良く見える。
新市庁舎建設中5
その日は,午後から,我が家の台所改修の業者と大工さんが来るので,急いで帰宅した。我が家は,築35年で浴室は10年前に改修している。台所は使用頻度が高く,あちこち不具合が生じているので,消費税がプラス3%になる前に,駆け込み需要で改修することにした。金額が大きいと,3%もかなりの金額になるので,思い切ってリニューアルすることにした。段ボール箱を貰ってきて,台所に収まっている鍋や食器など片付けた。この際だから,不要なものは,処分しなくては・・・。我ながら不要品を多く死蔵して吃驚「断捨離」をしなくてはと思うが,なかなか捨てられない。

【2014/02/23 09:45】 | 未分類
トラックバック(0) |

新庁舎?・・なんとなく まだ、なじまないですわ~。
yasumama
まあ、早朝からv-216をひらかれるのですね。申告書、新しく「東日本復興特別所特税」私の場合はほんの少しですが・・ええっ、これは なぁにと戸惑いました。聞いたような 聞かないような・・納めた税金も少ないので そのものも少ないのですが ずっと 主人がしてて 知らんぷりの私でしたが なんとか やってみれば それほどの時間はとりませんね。
おっしゃるように ちょっとv-216をひらいてみたのですが 設定を替える??みたいな事記してあったので 止めました。バッチリ 撮影をしてらしてv-424
「断捨離」難しいです。寒くても段取り良く整理されて 素晴らしいとしか 言いようがありません。楽しみですね~。v-342

yasumamaさんへ
K.N
v-411早くからパソコンをしているのではありませんよ。前日にblogを作成して,翌朝,修正して投稿するようにしています。結構,blog作成って時間がかかりますから・・・。「東日本復興特別所得税って,余り気に止めていなかったのですが,納税する段階になると,長い期間,払い続けるのも大変だなと思いました。v-356私たちが納税した税金,些少ですが適正に使われる事を祈っています。確定申告,自分でしても簡単にできますね。v-216パソコンですると,計算式が埋め込まれているので,すごく楽です。出来上がりもきちんと印刷できますし・・・。設定を変える事はありません。パソコンが確定申告のシステムに適応しているかどうかチェックするだけですから・・・。これから,台所の改修で忙しくなりそうです。v-388

コメントを閉じる▲
太極拳の同じ講座の方から,何度か本をお借りして読ませて貰った。最初の本は,岬のカフェや猫の話で,何となく癒し系の本だったが,最近に,文字も少し小さく分厚い本を借りた。本の題名は,「64」で作者は横山秀夫さんで2013年本屋大賞2位の本だった。
「64」2013年本屋大賞2位
昭和64年に起きたD県警史上最悪の「翔子ちゃん誘拐殺人事件」をめぐり,刑事部と警務部が全面戦争に突入。キャリアを重ねる過程で失ったものの大きさを痛感し,一方で得たものの尊さを実感する。そんな人生の浮き沈みを経た広報官・三上義信は己の真を問われる。「翔子ちゃん誘拐事件」とは,D県警の管内で初めて起きた本格的な誘拐事件。昭和64年1月5日にお年玉をもらってくると言い残して昼過ぎに自宅を出た雨宮翔子は,近くの親類宅に向かう途中、忽然と姿を消した。身代金2千万円を奪われ,雨宮翔子は無残な死体で発見された。犯人不詳。今回,また,誘拐事件が起きた。それは「翔子ちゃん事件」を再現したような事件だった・・・。警察内部の複雑なセクト主義が背後に存在し,事件の解決を難しくしていたが,最後に事件の全容が解明される。すごく読み応えのある面白い本だった。

本屋大賞」は,2004年に設立され,本屋大賞実行委員会が運営する文学賞で,一般の文学賞とは異なり作家・文学者は選考に加わらず,「新刊を扱う書店の書店員」の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される賞である。「全国書店員が選んだいちばん! 売りたい本」をキャッチコピーとして掲げており,主催する本屋大賞実行委員会は書店員こそが本と読者を「最もよく知る立場」にあると位置づけ,投票資格者を書店員主体にしている。先日,今年の本屋大賞について,TVで放送していたが,大きな書店でも,小さな書店でも同じ1票として扱われるので,自分の所のような書店でも良いと言われていた。今年の一次投票は全国463書店より598人,二次投票は263書店より307人の投票があり,二次投票ではノミネート作品をすべて読んだ上でベスト3を推薦理由とともに投票して大賞や順位を決めたそうだ。
TV画面1 
TV画面2 TV画面3
因みに,2013年本屋大賞1位は,百田尚樹さんの「海賊とよばれた男」だった。
「海賊とよばれた男」2013本屋大賞1位 TV画面4
次に借りた本は,三浦しをんさんの「舟を編む」だった。こちらは,2012年の本屋大賞1位だった。
本の帯 「舟を編む」
出版社・玄武書房に勤める馬締光也は,営業部で変わり者として持て余されていたが,人とは違う視点で言葉を捉える能力を買われ,辞書編集部に迎えられる。新しい辞書「大渡海」を編む仲間として。定年間近のベテラン編集者・荒木,日本語研究に人生を捧げる老学者・松本,次第に辞書作りに愛着を持ち始めるチャラ男・西岡。個性派ぞろいの面々の中で,馬締は辞書の世界に没頭する。そして出会った運命の女性・香具矢。だが言葉のプロでありながら,馬締は彼女に気持ちを伝えるにふさわしい言葉がみつからない。問題が山積みの辞書編集部。紆余曲折がありながらも,「大渡海」は完成する。そして,馬締の香具矢に対する思いは伝わるという内容だった。

子どもの時から,辞書を何度も使ってきたが,こんな大変な推敲と作業の積み重ねによって,制作されているとは夢想だにしなかった。辞書を印刷する紙についても,薄く,捲り易い紙を特別に製造しているなんて,これも驚きだった。日常生活においても,これからはもっと「言葉」について,こだわって使わなくてはいけないなと思った。
「舟を編む」は,映画化され,4月13日から全国ロードショーで映写されるそうだ。広島でも,シネツィンで現在やっている。今度,広島に行く時,是非観てみよう。馬締光也は松田龍平さん,香具矢は宮崎あおいさん,荒木は小林薫さん,松本は加藤剛さん,西岡はオダギリジョーさんが演じているとのこと。
映画「舟を編む」1 映画「舟を編む」2
映画「舟を編む」3 
最近の新聞にも,この映画について書かれた記事が載っていた。
新聞記事
本を読んで,その映画を見るのも面白いかも・・・。

【2013/04/24 09:00】 | 未分類
トラックバック(0) |

久しく忘れてた読書もいいですね。
yasumama
「64」お借りした時はウヘー、こりゃあ、大変、私には無理~と身構えたけど なかなか 面白く読ませていただきました。v-342「海賊とよばれた男」は今年の第一位ですか。図書館の予約状況をみたら上は122人、下は70人待ちでした。 ちょっとこれは 私はパスですわ~~。v-404
詠み始めるとe-288も気にかかるし本も気になる・・e-443
読書って嫌な事も忘れてのめりこんでゆきます、が こんな世界 よく 文章に組み立てられるとこが 素晴らしいですね。
昨日はe-291でした。お天気もよく楽しかったです。お世話様e-343

yasumamaさんへ
K.N
v-411私も進んで読書しようと思わないのですが,借りると,やはり読まなくてはと思い,つい読んでしまいます。読み進んでいくと,どんどん面白くなって,次も読みたいと思ってしまいます。TVドラマも良いですが,最近余り面白い番組が無くて],やはり本は心理描写も深く分かって面白いですね。v-388それに,本を書くって,大変な作業でもあるし,文章表現も大変ですね。短編でも,書くのは,骨が折れるでしょうね。今度は,どんな本を貸して下さるか楽しみです。本屋大賞は,書店員がお勧めの本ですから,すごく面白いですね。「舟を編む」は,最適の本屋大賞ですね。v-425

コメントを閉じる▲